楽箏

楽箏
がくそう

楽箏(がくそう)は通称、「こと」と呼ばれています。一般的な生田流や山田流は俗箏(ぞくそう)と呼ばれ、源流は雅楽の箏が基本になっています。雅楽の箏は楽箏と呼ばれ、管絃の合奏などに用いられてきました。俗箏に比べ絃が太く重厚な音色を醸し出すので、明確な拍子を刻み曲の流れを管絃楽器に伝えます。箏は中国の秦の時代に作られたといいますが、日本への伝来は奈良時代です。構造は長さ180センチ、幅25センチ、高さ8センチの桐の木で作られた長方形の箱に13本の絹の絃を張り、1本ずつ柱が絃の振動を箱に伝える仕組みです。各名称は箏を龍に見立てて龍角(りゅうかく)、龍背(りゅうはい)のように呼ばれています。箏爪(ことづめ)と呼ぶ竹製の爪(竹の固い節の部分や紙や皮で作られたもの)を右手の親指、人差し指、中指の3本にはめ弾きます。主な演奏法には、小爪(こづめ)、閑掻(しずがき)、早掻(はやがき)、連(れん)、結ぶ手などがあります。残り楽といって箏のための奏法が多く出てきます。

「京の用語集」一覧に戻る