壬生菜

壬生菜
みぶな

現在の中京区壬生にあたる地域で産出の水菜の一種。縁に切り込みがなく大きな株となり、漬物に好適。明治期には90%が東京へ出荷されたが昭和初期に姿消す。現在、千枚漬に入れる品質のよい九条早生は南区上鳥羽が産地。

「京の用語集」一覧に戻る