京くみひも

京くみひも
きょうくみひも

組紐は縄文時代の縄から始まり、奈良時代に「京くみひも」が確立したという大変歴史ある技術の一つです。京くみひもは寺や武家、公家で使われる高級なものでしたが、桃山時代以降は庶民の生活へ、さらに江戸時代には現代のように羽織紐や組帯、髪飾りなど装飾性のあるものに使われ、組み方も多様化しました。現在、基本の組み方は40種類以上、柄の種類などを含めると3000種類以上にものぼります。一般的には帯締めで目にすることが多いですが、神事や能装束、武具類などでも京くみひもの「結び」は欠かせません。

帯締めは和装の全体を引き締めるポイントともなるので、細い面積ながら、着物を着る人のさりげないおしゃれ感やこだわりが感じる部分です。京くみひもの鮮やかな色や繊細な図柄の組み合わせ次第で、印象もずい分変わります。京くみひもの帯締めは締めやすく、帯の最後の仕上げを気持ちよく前身ごろでキメてくれます。

「京の用語集」一覧に戻る