京繍

京繍
きょうぬい

京繍(きょうぬい)とは、多彩な糸を使って秀麗な模様を1本の針で縫い表す日本刺繍で、飛鳥時代から続く技法です。繍技法は30種類以上あり、特に「まつい繍」「繍切り」など15の技法は伝統工芸品に認定されています。京繍の魅力はなんといっても絹糸の豊かな色彩と風合い、そして四季折々の風物をモチーフに美しい紋様をひと針ひと針重ねていく細やかさにあります。

花や月にうさぎ、吉兆柄など古典かつ優しい図柄も多く、京繍が着物や帯、羽織や半襟などに施されているだけで上品かつ華やぎが漂います。小物類でもふくさや巾着、和装バッグなどに彩られ、京繍を好んで取り入れる方も少なくありません。着物の背に京繍で家紋や花紋というおしゃれ紋を独自のデザインで入れ、個性的な装いを楽しむおしゃれ着物ファンも。全体に散りばめられた京繍による小紋や図柄の一部に豪華に挿された訪問着など、細やかな技から創り出される美しい糸の芸術にはため息が出ます。

「京の用語集」一覧に戻る