京鹿の子絞

京鹿の子絞

絞り染めの括(くく)りの模様が、子鹿の斑点に似ていることから名付けられた「鹿の子絞り」。日本で1000年以上も前から行われていたという絞り染めは、宮廷衣装の紋様などに用いられてきました。京鹿の子絞りは「総疋田絞」に代表される絞り染めの代名詞ともいえる技。絞り染めは、熟練の職人さんが一つ一つ細かく布を摘まんでは糸できつくくくり、染色した後、糸をほどいた最後、ようやく図柄と対面できます。

絞りの最高峰・疋田絞をはじめ、一目絞、縫締絞、傘巻絞などの技術により、微妙な陰影をかもしだした着物、帯、帯揚げなどに施された色・柄は昔も今も女性のあこがれ。

もっとも手軽に京鹿の子絞の風合いを楽しむなら、帯揚げからがお勧めです。見える部分がわずかな帯揚げですが、そのわずかさに"ほんまもん"をちらと魅せるのは和装文化の真髄。特に成人式の振袖にはより豪華で愛らしさを添えてくれるので、シボの厚い総絞りのものを1枚、そろえてはいかがでしょう。

「京の用語集」一覧に戻る