秋の味覚に 彩りを添え

秋の味覚に 彩りを添え
あきのみかくに いろどりをそえ

秋はなんといっても紅葉狩り、そして豊穣(ほうじょう)の実りを味わう、五感が奮いたつ季節ですね。和装でさらにその感動を盛り上げてみませんか。春のような明るく軽やかで華々しい色目よりも、やはり秋は少し落ち着いた装いのほうが多くなります。紅葉柄をあしらった着物や帯は古典においても、モダンな現代柄にでもたくさんそろっています。または秋らしいしっとりとした色合いで季節を表現してもいいですね。着物には季節で色・柄に明確な決まりはありませんが、傾向はあるので慣れない方は購入時に相談されるといいでしょう。特に歳事が取り入れられた図柄は注意です。少し先取りはいいのですが、かわいいからとひな祭りの帯を秋に結ぶのはちょっと避けたいもの。食材も旬が一番おいしいのと同様、着物もある程度、季節感を大切にした旬な楽しみ方をしましょう。

「京の用語集」一覧に戻る