イベント情報このイベントを印刷する

特別公開/ライトアップ

きょうのふゆのたび ひこうかいぶんかざいとくべつこうかい しょうこくじ じうんいん「京の冬の旅」非公開文化財特別公開 相国寺 慈雲院

2024年1月6日(土)~3月18日(月)

  • 京の冬の旅
  • 「京の冬の旅」初公開

~伊藤若冲が師と仰いだ大典禅師ゆかりの寺~
 「京の冬の旅」初公開

室町時代創建の相国寺の塔頭寺院。
江戸期に住持を務めた梅荘顕常(大典禅師)は、奇想の絵師・伊藤若冲との親交深く支援者としても知られ、また「煎茶道の祖」と称される黄檗宗の僧・売茶翁(高遊外)とも交友があった。
今回は、本尊・釈迦如来像を安置する本堂内で、慈雲院に伝わる足利義俊筆の「松鶴図」や梅荘顕常(ばいそうけんじょう)頂相、室町時代の伝明兆(みんちょう)筆の「涅槃図」などの寺宝を特別展示。江戸後期の絵師・岸連山(きしれんざん)が虎を描いた板戸もみどころである。

 

※個人での拝観は予約不要です。

基本情報

開催日程 2024年1月6日(土)~3月18日(月)
主催者 京都市・京都市観光協会
時間 10:00~16:00(15:30受付終了)
場所 相国寺 慈雲院
アクセス ●京都駅から地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅下車、①番出口から徒歩約5分
ホームページ -
チラシ -

料金

大人(中学生以上)800円/小学生400円

お問い合わせ

「京の冬の旅」コールセンター 9:00~17:00 12/29~1/3休

TEL 075-585-5181

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る