イベント情報

伝統行事・伝統芸能

このイベントは終了しました。

時代祭

平成30年10月22日(月) 雨天順延 御所出発12時

秋の都大路に繰り広げられる一大ページェント。行列は《激動の幕末》から始まります。鼓笛を響かせ整然と行進する維新勤王隊列を先頭に、江戸、安土桃山、吉野、室町、鎌倉、藤原、延暦の各時代の人物が彩りを添えつつ華やかなパレードを繰り広げる「時代祭」は、京都三大祭の一つです。
総勢2,000名(馬70頭、牛2頭、馬車、牛車なども含み)、総延長2キロにわたる行列の巡行は約2時間にも及ぶ一大歴史風俗絵巻。いながらにして日本の歴史が偲ばれ、その華やかさに魅了されます。
時代祭の行列の見学には、出発場所の京都御苑と御池通、平安神宮道に設けられる有料観覧席をおすすめいたします。

●行列の主な顔ぶれ
維新勤王隊列 丹波の郷士からなる官軍派の山国隊。
幕末志士列 桂小五郎・坂本龍馬・中岡慎太郎など。
徳川城使上洛列 近世武家風俗を代表する城使の列。
江戸時代婦人列 皇女和宮・蓮月尼・吉野太夫など。
豊公参朝列 牛車など参内する豊臣秀吉の行装。
織田公上洛列 織田信長・羽柴秀吉・柴田勝家など。
室町時代列(幕府執政列・洛中風俗列) 足利将軍を中心とした幕府執政列、風流踊りを再現した洛中風俗列。
楠公上洛列 楠木正成・正季などの甲冑姿。
中世婦人列 大原女・桂女・阿仏尼・静御前など。
城南流鏑馬列 城南離宮で行われた流鏑馬の装束。
藤原公喞参朝列 平安時代の文官・武官の夏装束。
平安時代婦人列 紫式部・清少納言・小野小町など。
延暦武官行進列 坂上田村麻呂の出陣の行装。
延暦文官参朝列 平安時代の公卿の朝廷参内の装束。
白川女献花列 花を頭に載せて売り歩く白川女の列。
など

●巡行コース
京都御所出発12時→烏丸御池12時50分→平安神宮着14時30分
総延長2キロの行列は12時に御所を出発。丸太町通を西へ、烏丸通から御池通に至り、河原町通、三条通を経て、神宮道に入り、平安神宮へ到達します。沿道ではどこでも行列を見学できますが、ゆっくりと観賞できる観覧席が、京都御苑、御池通、平安神宮道に設けられます。

●時代祭行列は有料観覧席で!
料金:2,050円 (全席指定・パンフレット付)
(観覧席設置場所)京都御苑・御池通・平安神宮道
全国のJTB、近畿日本ツーリスト、ローソン、ミニストップなどで販売中
お問い合わせは京都市観光協会 TEL 075(213)1717
詳細はコチラ https://www.kyokanko.or.jp/jidai/kanran.html

-----------------------------------------
■時代祭の日に併せての参観を楽しむ
-----------------------------------------

[閑院宮邸跡]
月曜日・年末年始をのぞく 9時~16時30分(受付終了16時)
 四親王家の一つ、閑院宮家の屋敷跡。京都御苑の自然や歴史を学べる収納展示室と庭園を公開。
料金:無料
交通・アクセス:地下鉄烏丸線「丸太町」
お問い合わせ:(財)国民公園協会京都御苑TEL 075(211)6364

[旧九条家遺構 拾翠亭 (茶室)]
年末年始を除く毎週木・金・土曜日及び葵祭・時代祭の日
9時30分~15時30分(閉門)
 五摂家の一つ九条家が茶会の離れとして使用し、内部には十畳と三畳の茶室が今も残されています。簡素な中にも優美な外観を呈し、現存する公家屋敷の数少ない遺構です。
料金:100円(高校生以上)
交通・アクセス:地下鉄烏丸線「丸太町」
お問い合わせ:(一財)国民公園協会京都御苑 TEL 075(211)6364

基本情報

開催日程 平成30年10月22日(月) 雨天順延 御所出発12時
場所 -
アクセス -
ホームページ -
チラシ -

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る