イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・劇場

このイベントは終了しました。

北欧、光の調べPentti Sammallahti展

2022年04月02日(土) 〜 2022年06月12日(日)

フムレベック、デンマーク 1999年

フムレベック、デンマーク 1999年

リスティサーリ、フィンランド 1974年

リスティサーリ、フィンランド 1974年

フムレベック、デンマーク 1999年
リスティサーリ、フィンランド 1974年

ペンティ・サマラッティは、1950年にヘルシンキに生まれます。1969年から10年間、フィンランドの起源をテーマとする撮影プロジェクトに従事し、故郷のフィンランドをはじめ、世界中を旅してその土地の動物や自然の風景をフィルムにおさめました。
サマラッティの写真は、まるで時が止まったかのような静謐な印象を受けます。フィンランドでは、夏は日が沈まずに薄明りが続く「白夜」と呼ばれる時期があり、冬は太陽の上がらない「極夜」があります。また国土の多くが森に覆われ、冬は雪と凍結する美しい湖に囲まれている環境です。北欧の豊かでありながらも厳しい自然環境の中で培われた感性は、サマラッティ独自の美意識を作り上げ、それは作品にも反映されています。
今、私達の視覚は情報処理のための記録作業として知らぬ間に酷使されていますが、サマラッティの写真は純粋に見ることへと視覚を導いてくれます。そこに「問い」が生まれ、本質を垣間見ることができるのではないでしょうか。
フィンランドを代表する世界的写真家ペンティ・サマラッティの日本初となる展覧会を、この機会に是非ご高覧ください。

■ ご来館のお客様へお願い

新型コロナウィルス感染拡大防止策ご協力のお願い

・ 熱がある、また体調の優れないなどの症状や不安のある場合、
ご来館をお控えください。
・ 集団でのご来館はお控えください。
・ ご来館時はマスクの着用をお願いいたします。

※予告なく、予定を変更させていただく場合がございます。
ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

基本情報

開催日程 2022年04月02日(土) 〜 2022年06月12日(日)
時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
場所 何必館・京都現代美術館
アクセス 市バス100・206「祇園」
ホームページ http://www.kahitsukan.or.jp/
チラシ -

月曜休館

料金

一般 1,000円 学生 800円

お問い合わせ

何必館・京都現代美術館

TEL 075-525-1311

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る