イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・劇場

樂歴代 特別展「茶碗が紡ぐ ものがたり」

2022年4月29日(金・祝)〜8月21日(日)

十五代 直入 皪釉樂茶碗 銘 梨花 而妙斎 箱書付

十五代 直入 皪釉樂茶碗 銘 梨花 而妙斎 箱書付

十五代 直入 焼貫黒樂茶碗 銘 猫割手 1985 年制作

十五代 直入 焼貫黒樂茶碗 銘 猫割手 1985 年制作

初代 長次郎 黒樂茶碗 銘 面影 山田宗徧・石川自安 箱書付

初代 長次郎 黒樂茶碗 銘 面影 山田宗徧・石川自安 箱書付

十五代 直入 皪釉樂茶碗 銘 梨花 而妙斎 箱書付
十五代 直入 焼貫黒樂茶碗 銘 猫割手 1985 年制作
初代 長次郎 黒樂茶碗 銘 面影 山田宗徧・石川自安 箱書付

ヒトそれぞれの人生があるように、モノにもそれぞれの生きた道があります。 現存する道具を見てみても、様々な人との出会いがあり、大切にされ、それぞれの歩み方で、今に至ります。
例えば、樂茶碗の“ものがたり”。
いったいどんな道を辿ってあなたの前へやってきたのでしょう。
織田信長や豊臣秀吉が生きた安土桃山時代まで遡ります。
その時代の中、千利休と樂家初代長次郎が出会うことにより物語は始まります。
唐物や高麗物中心だった茶碗の中、新たな和物茶碗をと、樂茶碗は生み出されました。
利休から少庵、そして宗旦と続き、現在の三千家と繋がっていきます。樂家もまた、三千家のお家元と共に、歩んでいくこととなります。
始まりの“ものがたり”から、現在に至るまで約450年。
1つ1つの茶碗にも“ものがたり”があります。 なにもお茶碗に添うエピソードというのは、格式高く大層なものばかりではありません。 人の手によって生まれた時から、その時代、その場所にいる人々が暮らしの中でお茶を飲み、人が繋がっていくことで、それぞれのお茶碗に“ものがたり”が積み重なっていくのです。 数百年も昔の出来事でさえ、目の前のお茶碗が紡いで見せてくれることがあります。
本展では、茶碗が長い時間の中、様々な出会いを経て紡がれて来た“ものがたり”に焦点を当て、樂歴代の作品の数々を展観します。人から人へと大切にされてきた道具への想いも感じて頂ければ幸いです。

「Zoom de ぎゃらりー・とーく in RAKM」 館長 十五代吉左衞門・樂直入によるオンラインでのギャラリートークです。
普段の展示では目にすることができない、作品の高台、背面、見込み、印などにカメラで 接近し、制作者ならではの視点で解説します。 開催日時、参加方法などの詳細は美術館HP内「特別企画」ページにてご確認ください。
※「手にふれる樂茶碗鑑賞会」「特別鑑賞茶会」は、コロナ禍の為、休会致しております。状況が改善されましたら再開致します。

基本情報

開催日程 2022年4月29日(金・祝)〜8月21日(日)
主催者 公益財団法人 樂美術館、京都新聞
時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)
場所 樂美術館
アクセス 市バス9・12系統「堀川寺ノ内」下車 徒歩3分
地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」1番出口 徒歩15分
ホームページ https://www.raku-yaki.or.jp/
チラシ -

月曜日休館(但し、祝日の場合は開館)

料金

一般1,100円 
大学生900円 
高校生500円 
中学生以下無料

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る