イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・劇場

王朝文化への憧れ -雅の系譜

Ⅰ期 2022年3月20日(日)~5月15日(日)
Ⅱ期 2022年5月22日(日)~7月18日(月・祝)

重要文化財《佐竹本三十六歌仙絵 源公忠》  一幅 紙本著色 鎌倉時代 13世紀 相国寺蔵 ※Ⅰ期

重要文化財《佐竹本三十六歌仙絵 源公忠》  一幅 紙本著色 鎌倉時代 13世紀 相国寺蔵 ※Ⅰ期

《源氏物語図屏風》(左隻)狩野常信筆 六曲一双 紙本金地著色 江戸時代 17世紀 相国寺蔵

《源氏物語図屏風》(左隻)狩野常信筆 六曲一双 紙本金地著色 江戸時代 17世紀 相国寺蔵

重要文化財《佐竹本三十六歌仙絵 源公忠》  一幅 紙本著色 鎌倉時代 13世紀 相国寺蔵 ※Ⅰ期
《源氏物語図屏風》(左隻)狩野常信筆 六曲一双 紙本金地著色 江戸時代 17世紀 相国寺蔵

貴族文化の華やかなりし平安時代。その王朝のみやびへの憧れは、現代の我々のみならず、江戸時代の人々も強く抱いていました。『伊勢物語』と『源氏物語』はその憧れの世界が描かれた代表的な王朝文学です。物語で鮮やかに浮かび上がる在原業平の恋物語、光源氏の人生絵巻。そこでは、多くの和歌が詠まれ、後世の歌詠みの規範ともなりました。
また、相国寺は和歌史に燦然とその名を残す藤原定家の墓所として、ゆかりの寺宝を有しています。さらに桂離宮や古今伝授で有名な八条宮智仁親王の菩提所として塔頭の慈照院には宮家ゆかりの寺宝が多く伝来しています。
本展観では、江戸時代に描かれた伊勢・源氏の屏風絵とともに、江戸時代の公家の和歌や絵画を紹介します。江戸時代、京で復興した王朝文化の世界をご堪能ください。

基本情報

開催日程 Ⅰ期 2022年3月20日(日)~5月15日(日)
Ⅱ期 2022年5月22日(日)~7月18日(月・祝)
主催者 相国寺承天閣美術館 京都新聞
時間 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
場所 相国寺承天閣美術館
アクセス 地下鉄烏丸線『今出川駅』下車
ホームページ https://www.shokoku-ji.jp/museum/
チラシ PDFで確認する

料金

一般 800円
65歳以上・大学生 600円
中高生 300円
小学生 200円
※一般の方に限り、20名様以上は団体割引で各700円

5月16日~5月21日まで展示替のため休館

お問い合わせ

相国寺承天閣美術館

TEL 075-241-0423
お問い合わせURL https://www.shokoku-ji.jp/museum/contact/

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート・音楽・シアター  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る