イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・劇場

しゅんきてん むげんさいせきそう うらせんけじゅうよんだいせんそうしつとそのじだい春季展 無限斎碩叟―裏千家十四代千宗室とその時代

2022年4月22日(金)~2022年7月3日(日)

  • 事前予約

菊蟹釜 無限斎好 十三代宮崎寒雉作 今日庵蔵

菊蟹釜 無限斎好 十三代宮崎寒雉作 今日庵蔵

糸巻風炉 無限斎好 金重陶陽作

糸巻風炉 無限斎好 金重陶陽作

小槌絵茶碗 無限斎画 永樂即全作

小槌絵茶碗 無限斎画 永樂即全作

常盤形鉄瓶 無限斎好 大西浄中作

常盤形鉄瓶 無限斎好 大西浄中作

梅月棗 無限斎好 十一代中村宗哲・十四代飛来一閑合作

梅月棗 無限斎好 十一代中村宗哲・十四代飛来一閑合作

円山伝衣作五言絶句  無限斎筆

円山伝衣作五言絶句 無限斎筆

束熨斗画賛 無限斎画・清香院賛

束熨斗画賛 無限斎画・清香院賛

無限斎作 竹茶杓 銘花曇

無限斎作 竹茶杓 銘花曇

菊蟹釜 無限斎好 十三代宮崎寒雉作 今日庵蔵
糸巻風炉 無限斎好 金重陶陽作
小槌絵茶碗 無限斎画 永樂即全作
常盤形鉄瓶 無限斎好 大西浄中作
梅月棗 無限斎好 十一代中村宗哲・十四代飛来一閑合作
円山伝衣作五言絶句  無限斎筆
束熨斗画賛 無限斎画・清香院賛
無限斎作 竹茶杓 銘花曇

裏千家14代無限斎(淡々斎/1893-1964)は、国内外への茶道普及の為に最晩年まで精力的に活動した家元として知られています。その事績の第一には、裏千家の茶道を学ぶ同門社中の組織である「淡交会」の創設が挙げられます。積極的に各地を訪問し、裏千家茶道の正風を伝えるべく奔走した無限斎によって基本的な点前や作法は全国的に統一され、家元の指導方針が示されました。ここに現在の裏千家茶道における組織的な礎が築かれたといえるでしょう。本展では無限斎の生涯と幅広い交流関係を紹介すると共に、その活動に伴う様々な事績をご紹介します。

※混雑緩和のため、招待券や割引券をお持ちの方も、入館・呈茶は予約を優先します。
 定員に達していない時間帯は予約なしでの当日入館・呈茶が可能です。

基本情報

開催日程 2022年4月22日(金)~2022年7月3日(日)
時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
場所 茶道資料館
〒602-0073 京都市上京区堀川通寺之内上る寺之内竪町682番地 裏千家センター内
アクセス 市バス9・12系統「堀川寺ノ内」下車 徒歩3分
地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」1番出口 徒歩15分
ホームページ http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/index.html
チラシ PDFで確認する

【休館日】
月曜日、第2・4火曜日(ただし4月26日、5月2日は開館)

料金

入館料 一般700円、大学生400円、中高生300円、小学生以下ならびにメンバーシップ校の方は無料
呈茶(和菓子・抹茶) 一般500円、小学生以下300円、学生証提示により300円

【呈茶席】
平日と一部土・日開催。予約優先制(要別途入館料)
椅子に腰かける立礼(りゅうれい)形式のお茶席で、抹茶と和菓子をお召し上がりいただけます。希望者の方には簡単な作法の説明も行います。一服のお茶を通して日本の文化を体感してください 。

お問い合わせ

TEL 075-431-6474
予約フォーム フォームからご予約

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#文化を紹介する施設  #和菓子  #伝統技術・伝統工芸・伝統文化  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい食事がしたいのですが、どんな料理がありますか?
京懐石やおばんざいがよく知られています。湯葉、豆腐、京野菜などを使った季節の味がお楽しみいただけます。
京都土産をたくさん扱っているところを教えてください。
京都駅では、ジェイアール京都伊勢丹地下1階やThe CUBE 京都駅ビル専門店街などがあります。観光スポットでは、京都タワーや新京極、祇園、五条坂、嵐山エリアにも、お土産を豊富に取り揃えている店がたくさんあります。そのほか、和菓子店や名産品を手がける店の本店に行くと、「本店限定品」などが販売されていることもありますので、こちらもおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
※「ギオンコーナー」は新型コロナウイルスの影響により、当面の間休館しています。

また、春・秋にはそれぞれの花街で、舞妓さん・芸妓さんによる舞台公演が行われます。

 

その他のよくある質問を見る