イベント情報このイベントを印刷する

まち歩き・ツアー・体験

このイベントは終了しました。

春分のワラ細工 〜コンテンポラリージュエリー作家と まなぶワラ細工〜

2022年3月20日 (日)

雪どけの花背は藁のふるさと。未来への希望や思いをギュッとかたちに「しめ縄オブジェ」をつくりましょう。

昼と夜の時間が同じになる春分、季節は冬から春へとうつります。
春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむ日」。
藁(ワラ)は、稲として土から生まれ、人の手で藁(ワラ)になって使われて、その役目がおわると土に還っていきます。暮らしの中にある藁(ワラ)は、そんな循環の一時の姿ですが、目でみて指でふれて自然を感じとることができます。
雪どけまじかの花背で、あたらしい春をむかえるラッキーアイテムをつくってみませんか。

講 師 : 花背wara  藤井桃子
京都市左京区花背出身。京都市立芸術大学美術学部美術科版画専攻卒業。花背在住。
ジュエリー作家としての活動に加えて、熱田神宮をはじめ神事・祭事のための注連縄(しめなわ)や荒薦(あらこも)などを手がけています。2021年"「いきるをつくる くらしの 素 展」mumokuteki" "まるごと美術館2021 秋 妙顕寺"ほか。作品は、花背waraオンラインショップ、Whole Love Kyoto、witte、BEAMS JAPAN kyoto 等にて取扱中です。

基本情報

開催日程 2022年3月20日 (日)
主催者 ハナレ ・ 生活研究所
時間 11:30 - 12:30
場所 京都市左京区花背別所町261 HANA-Re
アクセス 〈自家用車ご利用の場合〉
グーグルマップ https://goo.gl/ZoWzLz をご参照ください。
 
〈京都バスご利用の場合〉
「出町柳発→広河原行」の便にご乗車、"花背高原前"で下車してください。バス停から徒歩2分。
http://www.kyotobus.jp/route/timetable/kana27/hirogawara.html
ホームページ https://www.lab-life.jp/wara2022
チラシ -

料金

参加費 ¥3,000(指導料、ワークショップ材料、お茶代 すべて込)
講師と一緒に昼食(希望者のみ)参加費と別に¥1,200

お問い合わせ

lab.life.jp@gmail.com または 090-4908-6230 (タケヤマ) 

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ