イベント情報このイベントを印刷する

グルメ・マーケット・その他

このイベントは終了しました。

京都レストランウインタースペシャル2022

2022年1月8日(土)~2022年3月18日(金)

京都を代表する料亭やレストラン、ホテルなどが趣向を凝らしたウインタースペシャル限定のメニューを特別価格で提供します。

京都市及び京都レストランスペシャル実行委員会では、京の食文化の普及促進、冬の閑散期対策を目的に、京都の冬の味覚を堪能していただく食のイベント「京都レストランウインタースペシャル2022」を開催します。
京料理からスイーツまで幅広いジャンルの飲食店が、期間限定メニューを特別価格で提供します。
13回目となる今回は、冬の観光誘客キャンペーン「京の冬の旅」との同時開催や、京都産食材等を使ったメニューを提供する特別企画により、冬の京都の食を「楽しく、おいしく、安心して」味わっていただける機会を提供します。

 

(1)「京の冬の旅」との連携
 冬の観光誘客キャンペーン「京の冬の旅」との同時開催により、約2か月間にわたり、ウインタースペシャルを開催。期間中に様々なお店やメニューを楽しんでいただける機会を創出します。
◆「京の冬の旅」ホームページ
https://ja.kyoto.travel/specialopening/winter/2021-2022/

 普段は見ることができない文化財を鑑賞できる「非公開文化財特別公開」の公開先と、ウインタースペシャル対象飲食店を回るスタンプラリーを実施します。
【スタンプラリー】
対象飲食店(2,000円以上の利用に限る)と特別公開先(14箇所)のうち3箇所を回り、デジタルスタンプを集めると、対象飲食店で使用可能な食事券1,000円分を抽選4,000名にプレゼント。
※LINEでの友達登録が必要です。

(2)京都産食材を使った特別メニューの提供
 府市協調での「食の京都」を推進する取組として、京都の食文化を支える京都産食材の認知、消費を促進するため、対象飲食店(60店舗)において、京都産食材等を使った特別メニューを提供します。
 京都産食材のうち「堀川ごぼう」「京都肉」「京都ぽーく」「ジビエ」「京鰆」を使用する特別メニューについては、公式ガイドブックやホームページにおいて、特別企画として紹介します。

(参考)「食の京都」推進事業
「食」を通じた地域経済の活性化と好循環(広域観光の推進、京都産食材の生産・流通・販売の拡大や飲食店等における消費拡大など)を図るため、農林水産物の産地、中央卸売市場や製造・流通業、飲食業等の「食」の“川上から川下”までの関係団体とともに、広域的な人と物の交流を促す府市協調の取組です。府市の様々な食に関する取組を「食の京都」と位置付け、相互でPRを行うなど、事業の相乗効果を図っています。

基本情報

開催日程 2022年1月8日(土)~2022年3月18日(金)
主催者 京都市、京都レストランスペシャル実行委員会(京都国際観光レストラン協会、京都商工会議所、(公社)京都市観光協会 、(公財)京都文化交流コンベンションビューロー)
時間 各店舗の営業時間に準ずる
場所 京都の飲食店180店舗
アクセス 店舗ごとに異なる
ホームページ https://krws.kyoto.travel/
チラシ -

料金

期間限定メニューを、税・サービス料込みの以下の価格で提供します。

① 2,000円(スイーツ・甘味処のみ)
② 3,000円 ③ 5,000円 ④ 8,000円 ⑤10,000円
⑥ 12,000円 ⑦ 15,000円 ⑧ 18,000円 ⑨ 20,000円

お問い合わせ

京都レストランスペシャル実行委員会事務局
(平日:午前9時~午後5時(土日祝・年末年始12/29~1/3を除く)

TEL 075-708-3057
e-mail krs@hellokcb.or.jp

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#京都らしい食事  #グルメスポット  #和食  #【夜】食べる  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都らしい食事がしたいのですが、どんな料理がありますか?
京懐石やおばんざいがよく知られています。湯葉、豆腐、京野菜などを使った季節の味がお楽しみいただけます。

その他のよくある質問を見る