イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

堀内誠一 絵の世界

2022年1月4日(火)~24日(月)

『たろうのおでかけ』 1963年 福音館書店 ©︎Seiichi Horiuchi

『たろうのおでかけ』 1963年 福音館書店 ©︎Seiichi Horiuchi

『たろうのおでかけ』 1963年 福音館書店 ©︎Seiichi Horiuchi

1932年、東京に生まれた堀内誠一は、若い頃よりデザイナーとして研鑽を積み、時代をリードするアートディレクターとして活躍しました。「anan」、「BRUTUS」、「Olive」、「たくさんのふしぎ」など、よく知られた雑誌のロゴや、本の装丁、ポスターのデザインなど多彩な仕事を展開しました。その一方で、1958年に初めての絵本「くろうまブランキー」を世に出します。その後も「ぐるんぱのようちえん」や「たろうのおでかけ」、「こすずめのぼうけん」など数多くの人気絵本を生み出しました。「絵本作家の道こそ運命が決めた本命」と本人が語ったように、その54年の人生は、絵を描くことと共にありました。
2022年、生誕90年を迎えることを記念して、その画業全般を回顧する展覧会を開催いたします。戦後、激動する社会の中で、「絵」というヴィジュアルが持つ力を、広告やデザイン、イラストなど様々な分野で発揮させた堀内。その作品世界を見つめれば、20世紀という時代において、絵本や雑誌といったカルチャーがいかに変遷し、発展を遂げてきたかも浮き彫りになることでしょう。
本展は伝説のアートディレクターであり、デザイナーであり、絵本作家でもあった堀内誠一の「絵の世界」に注目します。
今回、初公開となる10代の時に描いた油絵作品などを出発点に、絵本の原画、デザインにおける作画、雑誌のためのカットなど約150点の作品、さらには画材や愛用の品々など約50点が並び、堀内の創作の原点ともいえる「描くこと」をひもときます。
ときに愛らしく、ときに鋭くアヴァンギャルドな堀内誠一の絵の世界をお楽しみください。

基本情報

開催日程 2022年1月4日(火)~24日(月)
時間 10:00~19:30(20:00閉場)※最終日は16:30まで(17:00閉場)
場所 大丸ミュージアム〈京都〉[大丸京都店6階]
アクセス 阪急京都線「烏丸駅」より徒歩1分(地下道直結)地下鉄烏丸線「四条駅」より徒歩4分(地下道直結)
ホームページ https://dmdepart.jp/museum/kyoto/horiuchiseiichi/
チラシ -

料金

一般・大学生 1,000円、中高生800円、小学生以下無料

※小学生以下の単独入場はできません。必ず保護者の方同伴でご入場ください。
保護者(18歳以上)の同伴がない場合、入場をお断りする場合がございます。
※前売券はセブンチケット(http://7ticket.jp)にて2022年1月3日(月)まで販売。
当日券についても1月4日(火)→24日(月)正午までセブンチケットでも販売いたします。

お問い合わせ

TEL 075-211-8111

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る