イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

生誕130年 描く・飾る・デザインする―堂本印象の流儀―

2021年12月3日(金)~2022年3月21日(月・祝)

堂本印象 超ゆる空 1968年 岐阜・瑞甲山乙津寺蔵

堂本印象 超ゆる空 1968年 岐阜・瑞甲山乙津寺蔵

堂本印象 松桐鳳凰文様振袖 三つ襲ねのうち(堂本印象下絵) 大正時代 北村美術館蔵

堂本印象 松桐鳳凰文様振袖 三つ襲ねのうち(堂本印象下絵) 大正時代 北村美術館蔵

堂本印象 茶釜 地中海(堂本印象下絵) 1963年 京都府立堂本印象美術館蔵

堂本印象 茶釜 地中海(堂本印象下絵) 1963年 京都府立堂本印象美術館蔵

堂本印象 超ゆる空 1968年 岐阜・瑞甲山乙津寺蔵
堂本印象 松桐鳳凰文様振袖 三つ襲ねのうち(堂本印象下絵) 大正時代 北村美術館蔵
堂本印象 茶釜 地中海(堂本印象下絵) 1963年 京都府立堂本印象美術館蔵

約60年にわたる画業において、絵画のみならず彫刻、陶芸、染織、木工、金工に至るまで多彩な創作活動を展開した堂本印象(1891-1975)。1966年(昭和41年)には自身のデザインによって堂本美術館(現・京都府立堂本印象美術館)を立ち上げるなど、生涯に渡ってその表現意欲が衰えることはなかった。 堂本印象生誕130年にあたる本年は、印象の創造を前・後編に分けて振り返る記念展を開催する。 後編となる本展は、「日本画家」の枠にとらわれない印象のマルチな創作活動に注目し、工芸品や美術館デザインなど、平面から立体、空間装飾にいたるまで、独特な美のセンスで彩る印象の一面に迫る。平面から立体まで個性豊かな美意識の世界を紹介する。

基本情報

開催日程 2021年12月3日(金)~2022年3月21日(月・祝)
主催者 京都府、京都府立堂本印象美術館、京都新聞
時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所 京都府立堂本印象美術館
アクセス 市バス「立命館大学前」下車すぐ
ホームページ https://insho-domoto.com
チラシ -

休館日:月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
年末年始(12/28~1/4)

料金

一般510円(400円)/高大生400円(320円)/小中生200円(160円)
※消費税込み( )内は団体20名以上の割引料金。
65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をご提示の方(介護者1名を含む)は無料

お問い合わせ

京都府立堂本印象美術館

TEL 075-463-0007

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る