イベント情報このイベントを印刷する

まち歩き・ツアー・体験

三井高利生誕400年プレイベント松阪×京都フェア

2021年12月2日(木)~12月5日(日) 9時~17時(最終日は15時まで)

  • 京の食文化
  • 伝統産業・文化

三井の「元祖」と言われる三井高利生誕の地である松阪市の三重県松阪市観光協会(豪商のまち松阪 観光交流センター 1とともに、三井家ゆかりの当施設を会場に、茶会の開催や松阪産品の展示販売を致します。それらを通して、豪商文化と、京都・松阪・三井家の歴史をより深く理解することができます。

⑴ 松阪木綿展示と三井家に関するパネル展示 
開催日:122日(木)~125日(日)
展示箇所:玄関棟及び主屋1
・松阪もめん手織り伝承グループ ゆうづる会(2)の作品展示
刺繍振袖1点、屏風2点、松阪産の手織り反物3点、バッスルドレス1点、造花1
・三井家に関するパネル展示 

⑵ 松阪市茶道協会によるお茶会 (3) お茶会のみ事前予約制
開催日時:124日(土)930分(1席目)~1530分(7席目)
125日(日)930分(1席目)~1430分(6席目)
会場:茶室
参加料金:1,500

期間中は裏千家11代目家元玄々斎精中が好んだ菓子、「三友餅」をお楽しみいただけます。「三友餅」は三重県の伝統野菜の1つである「伊勢芋」を使った菓子で、松阪市射和(いざわ)地区の豪商″竹川家″が関連する茶会でのみ用いられる幻の菓子です。

⑶ 物産展 
開催日:124日(土)、125日(日)
会場:玄関棟
牛肉弁当(新竹商店)、はちみつ(松治郎の舗)、深蒸し煎茶(茶重商店)、松阪牛革財布(BANBI

1 豪商のまち松阪 観光交流センター

松阪市の「まちなか観光」の拠点施設として20194月に開館した総合観光案内所で、一般社団法人松阪市観光協会が指定管理を受けて管理運営を行っております。
2 松阪もめん手織り伝承グループ ゆうづる会
松阪もめんの手織り伝承活動と普及活動、手織り技術者の育成と継承活動を目的に昭和57年にスタートしました。
3 松阪市茶道協会
松阪を開府した蒲生氏郷は利休七哲の筆頭に挙げられ、利休の子の小庵を助けて後継者とするなど、松阪市と茶の湯は深い関係にあります。松阪市茶道協会は茶道の各流派が力を合わせて茶道文化を広めようとする団体です。

基本情報

開催日程 2021年12月2日(木)~12月5日(日) 9時~17時(最終日は15時まで)
主催者 【主催】松阪市観光協会(豪商のまち松阪 観光交流センター)【共催】旧三井家下鴨別邸運営コンソーシアム
時間 9:00~17:00(最終日は15:00まで)
場所 旧三井家下鴨別邸 玄関棟、主屋1階及び2階、茶室
アクセス 市バス「葵橋西詰」下車徒歩約5分
市バス「出町柳駅前」下車徒歩約5分
京阪電車「出町柳」駅下車徒歩約5分
※駐車場がございません。公共交通でお越しください
ホームページ -
チラシ -

料金

※お支払いは当日現金にてお支払いください。
※入館料が必要です。(大人500円/人)
※お茶会の参加には1500円/人が別途必要となります。

お問い合わせ

TEL 075-366-4321
FAX 075-708-8321
e-mail mitsui@kyokanko.or.jp
お問い合わせURL https://ja.kyoto.travel/tourism/article/mitsuike/
予約フォーム フォームからご予約

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#親子で楽しむ  #雨の日も楽しめる  #事前予約  #重要文化財  #京都らしい体験  #茶会  #旧三井家下鴨別邸  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都迎賓館は予約なしで参観できますか?
当⾯は原則事前予約での受付となります。事前のご予約は京都迎賓館⼀般公開申込システムより⼿続きをお願いします。事前予約は実施⽇の前⽇12時(正午)まで受付が可能です。
子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
嵯峨野トロッコ列車は、予約が必要ですか?
嵯峨野トロッコ列車は全席指定席です。空席があれば当日乗車券が購入できますが、空いていない場合もありますので、予約がおすすめです。
嵯峨野トロッコ列車の乗車券はどこで購入できますか?
当日乗車券は、トロッコ列車の各駅窓口にて、先着順での販売となります。前売り乗車券は、インターネットで予約ができるほか、JR西日本の「みどりの窓口」や旅行会社などで購入することもできます。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
※「ギオンコーナー」は新型コロナウイルスの影響により、当面の間休館しています。

また、春・秋にはそれぞれの花街で、舞妓さん・芸妓さんによる舞台公演が行われます。

 
お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る