イベント情報このイベントを印刷する

グルメ・マーケット・その他

秋の特別企画 菓匠「亀屋良長」京菓子の提供 ~円窓の茶室にて~ 【旧三井家下鴨別邸】

10/16(土)、17(日)、23(土)、30(土) 計4日間

  • 事前予約

「亀屋良長」創菓 秋想う

「亀屋良長」創菓 秋想う

通常非公開の茶室にて

通常非公開の茶室にて

感染症対策のため少人数制となります

感染症対策のため少人数制となります

茶室のご見学もお楽しみいただけます(撮影可)

茶室のご見学もお楽しみいただけます(撮影可)

茶室内は写真撮影も可能です!

茶室内は写真撮影も可能です!

「亀屋良長」創菓 秋想う
通常非公開の茶室にて
感染症対策のため少人数制となります
茶室のご見学もお楽しみいただけます(撮影可)
茶室内は写真撮影も可能です!

別邸のお庭では、秋の草花が趣を増し、味わい深く美しい季節を迎えようとしています。この度は、京菓匠「亀屋良長」創菓の京菓子とお抹茶を非公開の茶室にてお召し上がりいただけます。紅葉やイチョウが揺蕩う、秋の風景をイメージしたオリジナルの京菓子をお楽しみください。

お客さまの安心・安全のため少人数制・事前予約優先としております。(当日券もございますが少量のためご予約をおすすめいたします)

ご予約はこちらから

【開催日】
●2021年10月
16(土)、17(日)、23(土) 、30(土) 計4日間
 
【時 間】 各回45分毎  計10回
①9:15~10:00、②10:00~10:45、➂10:45~11:30 →→→  最終⑩16:00~16:45
 
【会 場】
旧三井家下鴨別邸 茶室 (撮影可)
 
【定 員】
各回 事前予約4名 当日券2名

【料 金】価格は全て税込み表示です。
参加費  1,000円
※お支払いは当日現金にてお支払いください。
※別途入館料が必要です。当日ご一緒にお支払いください。(大人500円)
 
【WEB予約受付締切】
開催日の前日16:00まで

【内 容】
・亀屋良長創菓「秋想う」と、一保堂のお抹茶提供
・茶室のご見学(写真撮影可)

◇お願い◇
新型コロナウイルス感染拡大防止のため以下の対策を実施しています。 ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

〇入館時はマスクの着用、手指のアルコール消毒・検温をお願いしております。マスクを着用していただけない方、お持ちでない方は入館をお断りしています。
〇ご見学時もマスクの着用をお願いします。
〇喫茶席は、3密を避けるため、お席は等間隔に配置しています。
〇換気対策として、30分程度に1度、室内のすべての窓を開放いたします。
〇以下に該当する方はご入館をお断りする場合がございます。ご了承ください。
・発熱や風邪症状(咳、鼻水等)が少しでもある。あるいは、体調がすぐれない場合。
・海外旅行から帰国し、14日以内である。
〇文化財保護の観点から、大きなお荷物はご入館時に受付にてお預けいただき、袋に入れたお靴も茶室入室時にはお預けいただきます。
 

◇京菓匠「亀屋良長」について◇ 亀屋良長公式HPより

創業

享和3年(1803年)
京菓子の名門と謳われ、一時は江戸にまで名を知られた菓子司・亀屋良安(三条通小川)が火事で焼失。当時番頭を務めていた文平が、暖簾分けするかたちで創業。初代は良質の水を求め、四条醒ヶ井の地を選び、以来この地に於て営業。

『上菓子屋仲間』
当時幕府は銀の海外への流出を防ぐため、砂糖の使用を制限していた。
砂糖の使用を認められたお菓子屋は「上菓子屋仲間」を結成し、その一員として営業を行っていた。
上菓子屋仲間は、明治・大正期には「菓匠会」に発展し、今日に継続する。

昭和21年(1946年)
第二次世界大戦中は全同業者同様、企業整備や原料統制の為休業に追い込まれたが、この年の秋に店を再開。六代目当主は、日本画の心得を生かして独創的な商品を多数生み出し、現在の発展の基礎を築く。

現代

平成3年(1991年)
七代目が社屋を新築。昭和37年の地下鉄工事の影響で枯れていた井戸を掘り直し、 「醒ヶ井」と名付けて再び菓子づくりに用いる。

平成6年 (1994年)
京菓子手作り体験教室を始める。

平成22年(2010年)
京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」とコラボレート商品を展開する。

平成23年(2011年)
パリの2ッ星レストランでシェフパティシエをしていた藤田怜美とブランド
Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA」を立ち上げる。

平成24年 (2012年)
京都のショコラトリー「Dari K」とのコラボレート商品を展開する。

平成28年(2016年)
6月 こころにも身体にも優しい京菓子、「吉村和菓子店」を立ち上げる。
11月 四条醒ヶ井本店 リニューアルオープン

基本情報

開催日程 10/16(土)、17(日)、23(土)、30(土) 計4日間
主催者 旧三井家下鴨別邸運営コンソーシアム
時間 9:15~16:30
場所 旧三井家下鴨別邸 茶室(通常非公開)
アクセス アクセス 市バス「葵橋西詰」下車徒歩約5分
市バス「出町柳駅前」下車徒歩約5分
京阪電車「出町柳」駅下車徒歩約5分
※駐車場がございません。公共交通でお越しください。
ホームページ https://ja.kyoto.travel/tourism/article/mitsuike/
チラシ -

料金

亀屋良長創菓「秋想う」とお抹茶の提供 1,000円税込
(別途入館料:大人500円 中高生300円 小学生200円)

お問い合わせ

TEL 075-366-4321
e-mail mitsui@kyokanko.or.jp
予約フォーム フォームからご予約

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#庭園・池  #木・花  #雨の日も楽しめる  #重要文化財  #京都らしい食事  #京都らしい体験  #旧三井家下鴨別邸  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
今、京都で見ごろの花は何ですか?どこで見ることができますか?
寺院や神社、公園などまちのいたるところで、四季折々、さまざまな花を見ることができます。
京都観光Naviでは「季節のたより」「花だより」として、今が旬の花の開花状況を毎週更新しています。
京都らしい食事がしたいのですが、どんな料理がありますか?
京懐石やおばんざいがよく知られています。湯葉、豆腐、京野菜などを使った季節の味がお楽しみいただけます。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
また、春・秋にはそれぞれの花街で、舞妓さん・芸妓さんによる舞台公演が行われます。
お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る