イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2021 「アーウィン・オラフ」展

2021年9月18日(土)~10月17日(日)

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」の愉しみ方の一つに、京都の趣ある歴史的建造物から近現代建築まで、空間が持つアイデンティティーを最大限に活用し、作品の世界観を引き立てる展示空間デザイン(セノグラフィーデザイン:Scenography Design)がある。
来年2月開館の「大阪中之島美術館」の設計を手掛ける建築設計事務所の「遠藤克彦建築研究所」は、一昨年より同写真祭の展示セノグラフィーに参画しており、今年は、メインプログラムのひとつである「京都文化博物館 別館」にて、世界的なファッションフォトグラファーであり、女性、有色人種、LGBTQ+コミュニティなどにフォーカスをあてた作品を中心に制作を行っているオランダ人アーティスト、アーウィン・オラフ氏の作品展を担当。歴史的建造物の中で展開される二つの異なる作品と、連続するストーリーへと誘うセノグラフィーによって、彼の創出した作品世界へと没入していく時間を体験していく趣向である。
世界の写真家が参加する「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2021」にて、さまざまな会場での展示を鑑賞するなか、「アーウィン・オラフ展」においては、「KYOTOGRAPHIE」ならではの展示セノグラフィーという世界観を愉しむ時間を過ごせることだろう。

休館日:9月21日(火)、9月27日(月)、10月4日(月)、10月11日(月)

基本情報

開催日程 2021年9月18日(土)~10月17日(日)
時間 10:00~19:00(入場は閉館の30分前まで) 
場所 京都文化博物館 別館
アクセス 地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅から徒歩3分
ホームページ http://www.e-a-a.jp/
チラシ -

お問い合わせ

お問い合わせURL https://www.kyotographie.jp/

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#アート・音楽・シアター  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る