イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

ふかまりゆくあき しょしゅう・ばんしゅうのとりあわせ2021年秋季特別展「深まりゆく秋 -初秋・晩秋の取り合せ-」

2021年9月11日(土)~12月5日(日)

織部耳付三足花入(前期展示)

織部耳付三足花入(前期展示)

織部耳付三足花入(前期展示)

日本人は季節のうつろいに敏感であるといわれますが、茶の湯もまた殊の外季節感を重要視します。茶道具だけなく、茶料理や茶菓子にもその季節にふさわしい物を用い、意匠を凝らし、また茶席で身に付ける着物も季節に応じて替えていきます。
今回の展示ではそのような茶道具における季節感に焦点をあて、「深まりゆく秋」をテーマに、前期では残暑のなか涼をよぶ一陣の風にのって届く虫の声、長寿を願って菊の花をくるむ着せ綿の故事などに思いを馳せる初秋の取り合せ、後期では夜長の無聊を慰める月の満ち欠け、川面をはしる楓や山を錦に染める紅葉などを思い描く晩秋の取り合せを試みてみました。秋の茶の湯の雰囲気を存分にお楽しみください。

※前期[9月11日(土)~10月24日(日)]と後期[10月26日(火)~12月5日(日)]で全面的に展示替を行います。

《主な展示作品》
【前期(初秋の取り合せ)】
濃茶:伝 源順筆 栂尾切、伊賀瓢形花入、唐物常陸帯茶入、大徳寺呉器、千宗旦作茶杓 等
薄茶:近衞家熙筆 秋日同詠和歌懐紙、五郎左衛門作 菊文花台釜、伊羅保片身替茶碗 銘 初雁 等
【後期(晩秋の取り合せ)】
濃茶:(重文)清拙正澄筆 秋来偈頌、備前鶴首花入、針屋釜、鼠志野茶碗 銘 横雲 等
薄茶:後陽成天皇筆 夜聴水聲、芦屋三光三如釜、黄伊羅保茶碗 銘 武蔵野 等

基本情報

開催日程 2021年9月11日(土)~12月5日(日)
主催者 野村美術館
時間 10:00 ~ 16:30 (入館は16:00まで)
場所 野村美術館
アクセス 〘 京都市営地下鉄 東西線 「蹴上駅」から  徒歩約10分 〙
1番出口から出て坂道を下り、右手に出てくる小さなトンネル(ねじりまんぽ)をくぐります。
道なりに進むと右手に南禅寺三門が見え、その先にある三差路を右折して北門を抜けると左手にございます。

〘 京都市バス「南禅寺・永観堂道」から  徒歩約5分 〙
バス停から永観堂に向かい、門の前を右折して直進すると右手にございます。(東山中学・高等学校の向かい)
ホームページ http://nomura-museum.or.jp/
チラシ -

料金

大人800円・高大生300円・中学生以下無料

お問い合わせ

TEL 075-751-0374
FAX 075-751-0586
e-mail nomurams@nomura-museum.or.jp
お問い合わせURL http://nomura-museum.or.jp/

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#文化を紹介する施設  #重要文化財  #伝統技術・伝統工芸・伝統文化  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
また、春・秋にはそれぞれの花街で、舞妓さん・芸妓さんによる舞台公演が行われます。

その他のよくある質問を見る