イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

細見古香庵生誕120年記念 美の境地

2021年8月24日(火)~10月17日(日)

重要文化財 愛染明王像 平安時代

重要文化財 愛染明王像 平安時代

 重要文化財 金銅春日神鹿御正体 南北朝時代

重要文化財 金銅春日神鹿御正体 南北朝時代

 重要文化財 豊公吉野花見図屛風(部分) 桃山時代

重要文化財 豊公吉野花見図屛風(部分) 桃山時代

重要文化財 愛染明王像 平安時代
 重要文化財 金銅春日神鹿御正体 南北朝時代
 重要文化財 豊公吉野花見図屛風(部分) 桃山時代

毛織物業で財を成し、細見コレクションの礎を築いた初代細見古香庵こと細見良(1901-1979)。
熱き想いをもって蒐集した美術品は宗教絵画や和鏡・密教法具などの金工品、茶の湯釜、根来、七宝、土器などと多岐にわたります。古香庵はこうした蒐集品を茶会やもてなしの場で活用し、独自の境地を展開してきました。その精神は二代古香庵や当館の展示スタイルにも大きな影響を与えています。
本展では初代の生誕120年を記念して、「世界最高の美術品は日本の藤原時代の仏画である」という信念のもとで出会った平安時代の「重要文化財 愛染明王像」などの仏教絵画や、強い憧れを抱いていた豊臣秀吉を描く「重要文化財 豊公吉野花見図屛風」、研究にもいそしんだ茶の湯釜など、興味の赴くまま、己の美意識を信じて、生涯をかけて追い求めた蒐集品を厳選して紹介します。  

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご入館および施設のご利用にあたってはマスクをご着用ください。
また、急激な状況の変化により、止むを得ず開館・営業日時等を変更する場合があります。詳しくはホームページをご覧ください。

基本情報

開催日程 2021年8月24日(火)~10月17日(日)
主催者 細見美術館 京都新聞
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 細見美術館
アクセス 地下鉄東西線「東山駅」2番出口より徒歩約10分
市バス 31・201・202・203・206系統「東山二条・岡崎公園口」下車、東へ徒歩約3分
市バス 5・32・46・洛バス100系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車、西へ徒歩5分
ホームページ https://www.emuseum.or.jp/
チラシ -

毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)

料金

一般1,300円 学生1,000円

お問い合わせ

細見美術館

TEL 075-752-5555

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート・音楽・シアター  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る