イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

木島櫻谷 四季の金屏風 と京都画壇

2021年9月11日(土)~2021年10月24日(日)

木島櫻谷《燕子花図》(右隻) 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵

木島櫻谷《燕子花図》(右隻) 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵

木島櫻谷《燕子花図》(右隻) 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵

京都で生まれ育った近代の日本画家・木島櫻谷(このしまおうこく)の屏風など

明治から昭和に京都日本画界の重鎮として活躍した木島櫻谷(1877-1938)。大正時代には住友家からの依頼で天王寺の新本邸を飾る四双の金屏風を制作。四季それぞれの花が彩る壮麗な連作では、写生の技に加え優れたデザイン感覚が発揮されています。本展は住友コレクションのなかから櫻谷と彼を育んだ円山四条派など先人の絵画を併せて展観できる。

基本情報

開催日程 2021年9月11日(土)~2021年10月24日(日)
時間 10:00~17:00(入館16:30まで)
場所 泉屋博古館
アクセス 市バス32.100「宮ノ前町」下車すぐ
ホームページ https://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
チラシ -

休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌平日休館)

料金

一般800円、高大600円、中学生以下無料

お問い合わせ

泉屋博古館

TEL 075-771-6411
e-mail info@sen-oku.or.jp

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る