イベント情報このイベントを印刷する

特別公開

宝物展 梅の余薫/相国寺の歴史と寺宝

2021年1月31日(日)~2021年4月18日(日)

伊藤若冲や長谷川等伯など相国寺派の寺宝をはじめ「梅」に関する作品を一堂に展示

本山 相国寺の境内にある美術館「相国寺承天閣美術館」(所在地/京都市上京区)では、「相国寺・金閣・銀閣 宝物展 梅の余薫/相国寺の歴史と寺宝」を、1月31日(日)~4月18日(日)の期間に開催します。本展は、相国寺と相国寺派の塔頭の寺宝から相国寺の歴史と通観する展示を開催いたします。中世の相国寺を象徴する「足利義満像」のほか、相国寺ゆかりの伊藤若冲筆「群鶏蔬菜図押絵貼屏風」を展示するなど、相国寺、金閣寺、銀閣寺の宝物を一挙公開します。また、「梅」に関する作品も展示いたします。

基本情報

開催日程 2021年1月31日(日)~2021年4月18日(日)
主催者 相国寺承天閣美術館
時間 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
場所 相国寺承天閣美術館
アクセス 地下鉄烏丸線『今出川駅』下車後、徒歩5分
ホームページ https://www.shokoku-ji.jp/museum/
チラシ PDFで確認する

会期中無休

料金

一般800円、65歳以上・大学生600円、中・高校生300円
小学生200円

お問い合わせ

相国寺承天閣美術館

TEL 075-241-0423

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る