イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

特別展「鋳物(いもの)・モダン -花を彩る銅のうつわ」

2021年3月13日(土)~2021年5月16日(日)

※5月12日(水)より再開館

《下蕪形象耳瓶(古銅象耳花入 銘「キネナリ」)》中国・元時代   公益財団法人泉屋博古館蔵

《下蕪形象耳瓶(古銅象耳花入 銘「キネナリ」)》中国・元時代   公益財団法人泉屋博古館蔵

初代須賀松園《攀龍文大花瓶》大正-昭和時代前期   高岡市美術館蔵

初代須賀松園《攀龍文大花瓶》大正-昭和時代前期   高岡市美術館蔵

《下蕪形象耳瓶(古銅象耳花入 銘「キネナリ」)》中国・元時代   公益財団法人泉屋博古館蔵
初代須賀松園《攀龍文大花瓶》大正-昭和時代前期   高岡市美術館蔵

多彩な鋳物の世界に触れる

溶けた金属を型に流してつくる「いもの」。その歴史は古く中国では殷や周などの古代青銅器にはじまる。宋時代以降は文人の書斎に飾られるようになり、花器としても発達、日本へもたらされて制作されるようになる。本展覧会では、富山大学芸術文化学部所蔵の大郷コレクションを中心に、日本近代銅花器の多種多様な造形をご紹介。さらに近代型鋳造発展に大きく貢献した須賀松園工房に焦点を当て、その代表作品とともに?原型なども併せて公開。日本近代銅器制作のなかで大きな地位を占めた?型鋳造技法をわかりやすくご紹介。

基本情報

開催日程 2021年3月13日(土)~2021年5月16日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 泉屋博古館
アクセス 市バス「東天王町」下車すぐ
ホームページ https://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
チラシ -

休館日:月曜(5月3日は開館)、4月23日(金)、5月6日(木)

料金

一般800円、高大生600円、中学生以下無料

お問い合わせ

泉屋博古館

TEL 075-771-6411

最新の休止・変更情報

※5月12日(水)より再開館

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#アート・音楽・シアター  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る