イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

凝然国師没後700年 特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ

2021年3月27日(土)~2021年5月16日(日)

※5月12日(水)より再開館

特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」チラシ

特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」チラシ

特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」チラシ

国宝「鑑真和上坐像」特別出展! 京都国立博物館では45年ぶり

鑑真 (688~763年)は、中国・唐時代の高僧で、律の大家として尊敬を集めていました。 しかし、日本での戒律の整備を目指していた聖武天皇の意を受けた日本僧・栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)より懇請され、その地位をなげうち、五度の日本への渡航失敗と失明をものともせず、天平勝宝5(753)年、6度目にしてようやく日本の地を踏みました。その後、唐招提寺を拠点に、中国正統の律の教えを日本に定着させ、日本仏教の質を飛躍的に高めました。本展は、凝然国師没後700年を迎える2021年に、日本仏教の発展に大きな役割を果たした鑑真の遺徳を唐招提寺の寺宝によって偲ぶとともに、明治時代に至るまでの戒律のおしえが日本でたどった歩みを、宗派を超えた名宝によってご紹介するものです。

基本情報

開催日程 2021年3月27日(土)~2021年5月16日(日)
時間 9:00~17:30(入館は17:00まで)
場所 京都国立博物館
アクセス 市バス86・88・100・110・206・208「博物館三十三間堂前」バス停下車すぐ
ホームページ https://www.kyohaku.go.jp
チラシ -

休館日:月曜 ※5月3日(月・祝)開館、5月6日(木)休館

料金

一般:1,800円、大学生1,200円、高校生700円

お問い合わせ

京都国立博物館

TEL 075-525-2473(テレホンサービス)

最新の休止・変更情報

※5月12日(水)より再開館

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る