イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

渋沢栄一が生きた幕末 第1期 渋沢栄一と徳川慶喜

2021年3月2日(火)~2021年5月16日(日)

※緊急事態宣言発令により、4月25日(日)~当面の間 臨時休館

近代日本資本主義の父・渋沢栄一が生きた時代に迫る

渋沢栄一は2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公に選ばれ、その肖像が2024年に発行される新一万円札に採用されるなど、注目を集めている。
500もの企業、600もの団体の設立や経営に携わり、「近代日本資本主義の父」と呼ばれているが、幕末期の渋沢は尊王攘夷の志士で、その後、徳川慶喜に仕える。この展覧会では、渋沢と関係があった徳川慶喜や近藤勇、土方歳三、木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通、伊藤博文、大久保一翁、フリュリ・エラールなどの資料とともに渋沢の生きた時代にスポット当てる。

基本情報

開催日程 2021年3月2日(火)~2021年5月16日(日)
時間 9:30~17:30(入館は17:00まで) ※2021年4月から10時に開館
場所 幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」
アクセス 市バス「東山安井」バス停から徒歩7分
ホームページ https://www.ryozen-museum.or.jp/
チラシ -

休館日:月曜 ※祝日開館、翌日休館、5月3日は開館

料金

一般900円、高校・大学生500円、小中学生300円

お問い合わせ

幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」

TEL 075-531-3773

最新の休止・変更情報

※緊急事態宣言発令により、4月25日(日)~当面の間 臨時休館

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート・音楽・シアター  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る