イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

絵でよむ百人一首と源氏物語【嵯峨嵐山文華館】

2021年3月1日(月)~2021年4月11日(日)
休館日 火曜日
※但し4月11日(日)は「第二回ちはやふる小倉山杯」開催のため、観覧者のみ利用可

百人一首の世界を描いたかの様な、和歌に紐づく日本画の名品や歌仙絵。
また、百人一首に選ばれた歌人のひとりである紫式部に因んで、源氏物語に関係する屏風などを展示いたします。
千年以上の時を超えた魅力あふれる貴族文化の一端と、近世・近代の画家たちによるコラボレーションをお楽しみください。

百人一首とは、鎌倉時代の歌人・藤原定家が『古今和歌集』『新古今和歌集』など、10冊の勅撰和歌集の中から100首を選出した秀歌のことで、当館の位置する小倉山の麓で生まれたとされています。
今回はそんな百人一首を切り口に、歌の情景を描いたかのような日本画の数々と、平安文化の傑作「源氏物語」に関連する屏風や巻物作品も展示いたします。


<第1章 絵でよむ百人一首>
(1F展示ギャラリー)
梅の香りに昔を思い、つかの間の再会を雲間の月に例える。百人一首に撰ばれた歌からは、自然の風物に感情を揺さぶられる、古人の姿が浮かび上がってきます。
川合玉堂筆《紅梅・白梅屏風》、長沢芦雪筆《朧月紅葉図》、今尾景年《旭稚松鶏・梅花孤亭・竹林飛泉図》など、あたかも百人一首の歌を題材として描かれたような作品を通じて歌に込められた思いを感じてみませんか。古の歌人たちと、江戸時代以降の画家たちとの、時を超えたコラボレーションをお楽しみください。


<第2章 源氏物語の世界>
(2F畳ギャラリー)
百人一首の撰者である藤原定家には『源氏物語』の研究家という一面もありました。源氏物語は紫式部の記した原文が残されておらず、定家は当時出回っていた写本を比較し、校訂したことで知られています。昨年には、定家の自筆による書き込みが含まれた「若紫」の写本が約80年ぶりに発見され、大きな話題となりました。こうした古人の努力もあり、『源氏物語』は世界最古の女流文学作品として、1000年もの間読み継がれてきたのです。
本展示室では『源氏物語』に関係する作品として、狩野興也筆《源氏物語六条院庭園図巻》、玉圓永信筆《源氏五十四帖図》、原在中筆《葵祭図巻》などを展示いたします。江戸時代の絵師たちが描いた物語絵の世界をお楽しみください。

基本情報

開催日程 2021年3月1日(月)~2021年4月11日(日)
休館日 火曜日
※但し4月11日(日)は「第二回ちはやふる小倉山杯」開催のため、観覧者のみ利用可
主催者 公益財団法人小倉百人一首文化財団
時間 10:00~17:00 (最終入館時間は16:30)
場所 嵯峨嵐山文華館
アクセス JRでお越しの場合
山陰本線(嵯峨野線)で嵯峨嵐山駅下車、徒歩14分
阪急でお越しの場合嵐山線で嵐山駅下車、徒歩13分
嵐電(京福電鉄)でお越しの場合嵐山本線で嵐山駅下車、徒歩5分
ホームページ http://www.samac.jp/
チラシ PDFで確認する

一般の方は公共交通機関か近隣の駐車場をご利用ください。
車椅子をご利用の方は事前にご予約をお願いいたします。

料金

一般・大学生:900(800)円、高校生:500(400)円、小中学生:300(250)円、*障がい者と介添人1名まで各500(400)円
*( )内は20名以上の団体料金
*幼児無料
*常設展もご覧頂けます。

お問い合わせ

お問い合わせはできるだけメールフォームからお願いいたします。

TEL 075-882-1111
FAX 075-882-1103
e-mail support@samac.jp
お問い合わせURL http://www.samac.jp/contact/

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#文化を紹介する施設  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
 

その他のよくある質問を見る