イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

2021年春季特別展 茶席を彩る うるしの美

2021年3月6日(土)~2021年6月6日(日)

※4月27日(火)~6月6日(日)休館し、春季特別展は4月26日をもって終了

堆黄竜文丸盆【※前期(3/6~4/18)展示】

堆黄竜文丸盆【※前期(3/6~4/18)展示】

柳桜蒔絵棗【※前期(3/6~4/18)展示】

柳桜蒔絵棗【※前期(3/6~4/18)展示】

梨地蒔絵十炷香箱【※前期(3/6~4/18)展示】

梨地蒔絵十炷香箱【※前期(3/6~4/18)展示】

堆朱南天鶏文輪花盆【※後期(4/20~6/6)展示】

堆朱南天鶏文輪花盆【※後期(4/20~6/6)展示】

高台寺蒔絵棗【※後期(4/20~6/6)展示】

高台寺蒔絵棗【※後期(4/20~6/6)展示】

梨子地八島合戦蒔絵硯箱【※後期(4/20~6/6)展示】

梨子地八島合戦蒔絵硯箱【※後期(4/20~6/6)展示】

堆黄竜文丸盆【※前期(3/6~4/18)展示】
柳桜蒔絵棗【※前期(3/6~4/18)展示】
梨地蒔絵十炷香箱【※前期(3/6~4/18)展示】
堆朱南天鶏文輪花盆【※後期(4/20~6/6)展示】
高台寺蒔絵棗【※後期(4/20~6/6)展示】
梨子地八島合戦蒔絵硯箱【※後期(4/20~6/6)展示】

漆工芸の美しさと、技の妙をご堪能あれ

日本・中国・朝鮮・タイなどの東南アジア各地に見られ、それぞれ様々な器物が制作されてきた漆工芸。展覧会では中国から伝わった堆黄・堆朱・堆黒・屈輪・青貝をはじめタイの蒟醤、また日本で制作された蒔絵や梨子地・鎌倉彫などの漆工芸の茶道具を中心に、香箪笥や書院飾りとして用いられてきたものも合わせて展示。漆そのものの艶やかな美しさはもちろんのこと、蒔絵や螺鈿など様々な技法を駆使した“うるし”の技の妙も堪能できる。
【前期】2021年3月6日(土) ~4月18日(日)  
【後期】2021年4月20日(火) ~6月6日(日)
※前期と後期で全面的に展示替を行います。

《主な展示作品》
【前期】堆黄竜文丸盆・堆朱宝舟鳳凰分銅形盆・存星猿桃香合・天川四方盆・屈輪香炉盆・青貝天下泰平文字香合・原羊遊斎作青貝心経香合・藤蒔絵四方香合・鎌倉彫武者香合・柳桜蒔絵棗・小島漆壺斎作七宝鮟鱇形茶器・小川破笠作歌仙陶絵貼硯箱・香包蒔絵八角食籠 等
【後期】堆朱鳳凰文大丸盆・青貝人物卓・紅花緑葉香合・堆黒枇杷文香合・屈輪菓子盆・蒟醤菓子盆・青貝布袋香合・菊水蒔絵錫縁香合・高台寺蒔絵棗・三井寺蒔絵棗・花丸文蒔絵香箪笥・山本春正作茶摘蒔絵香箪笥・文車蒔絵硯箱・螺鈿葡萄棚唐草旅箪笥  等 ※呈茶席  春季展開催中は休席
※コロナウイルスの感染状況によっては展覧会予定を変更・中止の可能性あり

基本情報

開催日程 2021年3月6日(土)~2021年6月6日(日)
時間 10:00〜16:30(16:00最終入館)
場所 野村美術館
アクセス 市バス5「南禅寺・永観堂道」バス停から徒歩5分 、地下鉄東西線 「蹴上」駅から徒歩10分
ホームページ http://nomura-museum.or.jp
チラシ -

休館日:月曜日 ※5月3日(月・祝)は開館

料金

大人800円、高大生300円、中学生以下無料

お問い合わせ

野村美術館

TEL 075-751-0374
e-mail nomuramsnomura-museum.or.jp

最新の休止・変更情報

※4月27日(火)~6月6日(日)休館し、春季特別展は4月26日をもって終了

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る