イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島-

2021年4月6日(火)~2021年6月13日(日)

※緊急事態宣言発出を受け、4月25日(日)~当面の間 臨時休館

ピピロッティ・リスト 《Ever Is Over All(永遠は終わった、永遠はあらゆる場所に)》 1997年 京都国立近代美術館蔵 Photo: Alexander Tröhler Courtesy the artist, Hauser & Wirth and Luhring Augustine

ピピロッティ・リスト 《Ever Is Over All(永遠は終わった、永遠はあらゆる場所に)》 1997年 京都国立近代美術館蔵 Photo: Alexander Tröhler Courtesy the artist, Hauser & Wirth and Luhring Augustine

ピピロッティ・リスト 《Ever Is Over All(永遠は終わった、永遠はあらゆる場所に)》 1997年 京都国立近代美術館蔵 Photo: Alexander Tröhler Courtesy the artist, Hauser & Wirth and Luhring Augustine

現代アーティスト、ピピロッティ・リストの回顧展


スイスを拠点に国際的に活躍する現代アーティスト、ピピロッティ・リスト(1962—)。本展は、身体、女性、自然、エコロジーをテーマとした作品およそ40点で構成。身体や女性としてのアイデンティティをテーマとする初期の短編ヴィデオやヴェニス・ビエンナーレに出品された代表作、自然と人間との共生をのびやかに謳う、最新の映像技術を駆使した近年の大規模な映像インスタレーション、美術館の所蔵作品を取り込んだ新作、廃材を活用した屋外作品まで、約30年間の活動の全体像を本格的に紹介。ベッドでくつろぐ、食卓を囲むといった遊び心あふれる没入型の映像体験を通して、コロナ禍における鑑賞者と美術館の関係を再構築するとともに、現代社会における切実なテーマを鑑賞者の身体とともに少しずつ解きほぐす。 ※展示室内では靴を脱いで観賞いただきます。靴下と靴袋をご持参のうえご来場ください。

基本情報

開催日程 2021年4月6日(火)~2021年6月13日(日)
時間 9:30~17:00
金曜日、土曜日は20:00まで開館
*入館は閉館の30分前まで
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間は変更となる場合があります。来館前に最新情報をご確認ください。
場所 京都国立近代美術館
アクセス 市バス5・100・110「岡崎公園 美術館・平安神宮前」バス停下車すぐ
ホームページ https://www.momak.go.jp/
チラシ -

休館日:月曜 ※5月3日(月・祝)は開館

料金

一般1200円、大学生500円、高校生以下・18歳未満無料

お問い合わせ

京都国立近代美術館

TEL 075-761-4111

最新の休止・変更情報

※緊急事態宣言発出を受け、4月25日(日)~当面の間 臨時休館

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る