イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

2020年度特別展「放射線像/Autoradiograph―放射能を可視化する―」

2020年9月28日(月)~2020年11月7日(土)

2011年3月の東日本大震災に起因する福島第一原子力発電所事故により、大量の放射性物質が放出されました。映像作家・加賀谷雅道氏は、事故後から汚染の可視化に取り組んできた森敏氏とともに2012年より放射線像プロジェクトを開始し、見えない汚染の実態を伝える作品を発表しています。生態系への汚染の深刻さを伝える科学と報道としての側面と、汚染と向き合う現代社会を象徴する芸術としての側面を併せ持つ加賀谷氏の作品は、ル・モンドなど海外の雑誌にも掲載され、アルスエレクトロニカ2017栄誉賞(2017年、オーストリア)、京都国際写真祭2017富士フイルムアワード(2017年)など、世界の芸術祭で受賞しています。本展では、福島や関東で採取した生物や日用品などの中に存在する放射性物質をオートラジオグラフィーの手法によって可視化した作品約30点と3D映像を展示します。
なお本展は、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2020アソシエイテッド・プログラムです。

基本情報

開催日程 2020年9月28日(月)~2020年11月7日(土)
時間 10:00~12:00(入館は11:30まで)/13:00~15:00(入館は14:30まで)
場所 立命館大学国際平和ミュージアム 中野記念ホール
アクセス 【JR・近鉄京都駅】市バス50、快速立命館、JRバスにて「立命館大学前」/市バス205にて「わら天神前」
【JR円町】市バス15、快速立命館、臨、JRバスにて「立命館大学前」/市バス204、205にて「わら天神前」
ホームページ https://www.ritsumeikan-wp-museum.jp/
チラシ -

料金

大人400円/中・高生300円/小学生200円

お問い合わせ

電話075-465-8151
FAX075-465-7899

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#文化を紹介する施設  #アート  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
 

その他のよくある質問を見る