イベント情報

特別公開

このイベントは終了しました。

勝林院文化財特別公開 勝林院文書に見る神仏習合

平成30年11月10日(土)~18日(日) 9:00~16:30

勝林院本堂は火災による焼失から復興されて以来、約250年という年月が経とうとしています。長い年月を経て、お堂の各所には痛みが目立つようになってきました。特に屋根の状態が悪く、平成29年10月の台風21号による被害で屋根の一部が損壊したため、雨漏りを応急的な修理でしのいでいる状況です。
再建以来初めての大規模改修に際して、少しでも多くの方に勝林院とご縁を結んでいただくために、勝林院修覆事業の一環として文化財の特別公開を開催することとなりました。
奇しくも今年は「神仏判然令」通称「神仏分離令」の交付から150 年という節目の年であります。いまでは神社と寺院、神と仏は別の存在として信仰されるのが当たり前となりましたが、この信仰のしかたは明治から始まった物だったのです。
勝林院塔頭の住職が、大原村の鎮守社である江文神社の別當職を勤めることが取り決められるなど、勝林院と江文神社との関わりは大変深く、関連する史料も多数残されています。勝林院蔵の文書史料を通して、神仏分離令以前の、神と仏が表裏一体の存在であった時代の宗教観を知るきっかけとなればと思います。

基本情報

開催日程 平成30年11月10日(土)~18日(日) 9:00~16:30
場所 勝林院(京都市左京区大原勝林院町187)
アクセス 京都バス17、18「大原」下車
ホームページ -
チラシ -

料金

500円

ご予約・お問い合わせ

075-744-2537(実光院)
jikkoin@gmail.com

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る