イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

開館60周年記念特別展 瑞獣伝来 ―空想動物でめぐる東アジア三千年の旅

2020年9月12日(土)~2020年10月18日(日)

桐鳳凰図屏風 狩野探幽 江戸時代(17世紀) サントリー美術館所蔵 ※展示替えあり

桐鳳凰図屏風 狩野探幽 江戸時代(17世紀) サントリー美術館所蔵 ※展示替えあり

桐鳳凰図屏風 狩野探幽 江戸時代(17世紀) サントリー美術館所蔵 ※展示替えあり

中国から京都へ!吉祥の空想動物 瑞獣たちが誘う三千年の旅

古代中国で吉祥の象徴として用いられた空想の動物。それらは後に瑞獣として日本に伝来し、かつて平安京においては、北に「玄武」、南に「朱雀」、東に「青龍」、西に「白虎」を配す「四神相応の地」の考え方として取り入れられたと伝わる。さらに、瑞獣は様々な美術作品にも登場するなど現在の私たちの生活にも深く根付いている。本展覧会では、中国伝統の瑞獣である龍・鳳凰・虎に焦点を当て、それらを表した美術作品や考古資料を一堂に展示。中国から京都への三千年の旅の中へ、観る人を誘う。

基本情報

開催日程 2020年9月12日(土)~2020年10月18日(日)
時間 10:00~17:00(入館16:30まで)
場所 泉屋博古館
アクセス 市バス32「宮ノ前町」下車すぐ
ホームページ https://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
チラシ -

休館日:月曜、9月23日(9月21日は開館)

料金

一般800円、高大600円、中学生以下無料

お問い合わせ

泉屋博古館

TEL 075-771-6411

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る