イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

麗しき青磁・鮮やかなる青花

2020年6月1日(月)~8月18日(火)
※新型コロナウイルスの影響により、6月1日〜に会期変更。通常より短縮(10:30〜最終入館16:00)

朝鮮半島の「やきもの」は、中国と日本の陶磁と密接に関係しながら特別な器物として発展してきました。高麗時代(918-1392)の青磁や朝鮮時代(1392-1910)の白磁はその時代の社会や宗教観を反映しています。朝鮮半島の代表的な陶磁器である青き翡色の高麗青磁と清楚な朝鮮白磁にコバルトを施した青花。どちらも各々の時代に朝鮮独自の高度な技術により発展した姿です。
高麗時代の様々な装飾技術に彩られた青磁と朝鮮時代の鮮やかな青花白磁とともに、両時代に流れる歴史の系譜を概観します。当館所蔵の青磁と青花の華麗なる共演の数々をご堪能ください。

基本情報

開催日程 2020年6月1日(月)~8月18日(火)
※新型コロナウイルスの影響により、6月1日〜に会期変更。通常より短縮(10:30〜最終入館16:00)
時間 10:30~16:30(受付16:00)
場所 高麗美術館
アクセス 市バス9「賀茂川中学前」下車
地下鉄烏丸線「北大路」または「北山」下車
ホームページ https://www.koryomuseum.or.jp/exhibit_view.php?number=105
チラシ -

休館日 :毎週水曜日(但し、4月1日、4月29日、5月6日は開館します)

料金

一般500円、大高生400円、65歳以上の方400円、中学生以下無料

お問い合わせ

TEL 075-491-1192
FAX 075-495-3718

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る