イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

没後35年 鴨居 玲展 静止した刻

2020年05月14日(木)~2020年06月07日(日)

《村の楽隊》1977年頃 個人蔵

《村の楽隊》1977年頃 個人蔵

《村の楽隊》1977年頃 個人蔵

石川県出身の画家・鴨居玲(1928~1985)の没後35年の回顧展

金沢に生まれた鴨居玲は金沢美術工芸専門学校(現・金沢美術工芸大学)で宮本三郎に師事。卒業後は当時流行していたシュールレアリスムなどの抽象画を描いていたが、南米への旅を機に自身のスタイルを掴む。1969年には昭和会展優秀賞、続いて安井賞を受賞し一躍脚光を浴びるが、再び異国の地へと旅立つ。鴨居が「私の村」と呼んで親しんだスペインのラ・マンチャ地方では村の人々との交流を重ね、彼らをモチーフにした《私の村の酔っぱらい》《おばあさん》など、この時期多くの傑作が生みだされた。帰国後は神戸にアトリエを構え代表作《1982年 私》をはじめとした数々の自画像を描き続けた。
鴨居の作品には人間の内面、自身の孤独や不安などが描き出され、生を見つめ続けた彼の作品は今なお人々を惹きつける。
本展では没後35年を迎えるにあたり、代表作を含め約60点をする。

基本情報

開催日程 2020年05月14日(木)~2020年06月07日(日)
時間 10:00~20:00(入館締切:19:30)
場所 美術館「えき」KYOTO
アクセス JR「京都」
ホームページ http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
チラシ -

会期中無休 ※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合あり

料金

一般:900円(700円) 高・大学生:700円(500円) 小・中学生:500円(300円)※( )内は前売料金。「障害者手帳」をお持ちのご本人さまと同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。

お問い合わせ

美術館「えき」KYOTO

TEL 075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #夜観光  #美術館・博物館  #【夜】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る