イベント情報このイベントを印刷する

伝統行事・伝統芸能

このイベントは終了しました。

精霊迎え 六道まいり【六道珍皇寺】

2020年08月07日(金)~2020年08月10日(月)
※本年度は新型コロナウイルスの影響により、対象者を制限し、規模を縮小して実施。新盆を迎える方のみ参観可能。

高野槙を求め、迎え鐘を撞いて祖先の霊を迎え、供養するとともに亡き人との声なき対話により心を豊かにする

※本年度は新型コロナウイルスの影響により、対象者を制限し、規模を縮小して実施。新盆を迎える方のみ参観可能。

六道珍皇寺のあるこの地は、平安時代は墓所の鳥辺山の麓で、六道の辻と呼ばれて、冥界への入り口と信じられていた。お盆に冥界から帰ってくる祖先の霊は、必ずここを通るとされていたため、8月13日~16日の盂蘭盆会(うらぼんえ)の前、7日~10日に精霊(しょうりょう)を迎えるため、京都の人々が六道珍皇寺にお詣りする習慣ができたという。精霊は槙(まき)の葉に乗って帰ってくるとされるため、この期間、高野槙(こうやまき)を売る店が軒を並べる。参詣者は水塔婆に祖先の戒名を書いてもらい、迎え鐘を撞き、水塔婆を地蔵尊宝前に備え、高野槙で水回向する。宗派を超えた京都の古式ゆかしい習慣が今も続く。期間中、松原通りには、20:00頃まで夜店が出て賑わう。

基本情報

開催日程 2020年08月07日(金)~2020年08月10日(月)
※本年度は新型コロナウイルスの影響により、対象者を制限し、規模を縮小して実施。新盆を迎える方のみ参観可能。
時間 6:00~22:00
場所 六道珍皇寺
アクセス 市バス206「清水道」
ホームページ http://www.rokudou.jp/
チラシ -

お問い合わせ

六道珍皇寺

TEL 075-561-4129

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#朝観光  #夜観光  #寺院・神社の行事  #【朝】見る・聞く  #【夜】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

京都滞在中にどんなイベントがあるかを知りたいのですが。
伝統行事、花の見ごろ、開催中のイベントなどを多数掲載しています。
詳しくは「イベント情報」をご覧ください。
また、花の見ごろについては「季節のたより」をご覧ください。
京都ではいろいろな市や縁日、マーケットが開かれるそうですね。どこでどんなイベントが開催されていますか?
主なものとしては、毎月15日に百萬遍知恩寺で行われる「百萬遍さんの手づくり市」、東寺で毎月21日に行われる「弘法市」、北野天満宮で毎月25日に行われる「天神市」があります。このほかにも、毎月第4日曜の「上賀茂神社の手づくり市」、毎月第2土曜の「平安楽市の手づくり市」など、さまざまな縁日や市、マーケットが開催されています。
夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。

その他のよくある質問を見る