イベント情報

特別公開

令和2年春の特別公開「永々棟のひなまつり」

2020年2月28日(金)~3月29日(日)のうち金・土・日のみ実施。

イメージ写真

イメージ写真

イメージ写真

春の訪れにあわせて、永々棟所蔵の享保雛、古今雛、有職雛、次郎左衛門雛など江戸時代から現代までのさまざまな雛人形をお座敷に飾って皆さまをお迎えします。
その他、精巧に作られた雛調度、ふっくらと愛らしい御所人形や市松人形なども展示します。
また、京の次代を担う若手職人たち「京の伝統産業わかば会」の実演販売会もあわせて開催します。
大正時代の雰囲気が残る数寄屋建築で、春の京都を彩るはんなりとした雛の世界と、細やかな技が光る工芸品をお楽しみください。

基本情報

開催日程 2020年2月28日(金)~3月29日(日)のうち金・土・日のみ実施。
時間 10:00~17:00(入場は16:30まで)
場所 平野の家 わざ 永々棟
アクセス 阪急電鉄「西院」駅またはJR「京都」駅から市バス205「衣笠校前」下車 徒歩3分
嵐電「北野白梅町」駅下車 徒歩5分
地下鉄烏丸線「今出川」駅から市バス203「北野白梅町」下車 徒歩5分
ホームページ http://waza-eieitou.com/event/060.shtml
チラシ -

料金

【入場料】
一般:600円/大学生・高校生:400円 ※中学生以下は無料
※障がい者手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は300円
※きもの着用の方で「伝統産業の日2020」で配布の
「きものでおでかけ無料入場券」をお持ちの方に限り、入場料無料
(期間:2020年3月1日~3月31日)

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#文化を紹介する施設  #雨の日も楽しめる  #伝統技術  #伝統工芸  #雛祭り  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。

その他のよくある質問を見る