イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

生誕130年 河井寬次郎展 -山本爲三郎コレクションより

2020年03月20日(金・祝)~2021年03月07日(日)

 河井寬次郎 《筒描花文額皿》 1950年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵

河井寬次郎 《筒描花文額皿》 1950年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵

河井寬次郎 《三色打釉手壺》 1961年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵

河井寬次郎 《三色打釉手壺》 1961年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵

 河井寬次郎 《筒描花文額皿》 1950年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
河井寬次郎 《三色打釉手壺》 1961年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵

初期から晩年までの貴重な作品を一挙公開

 1920年、京都の五条坂に窯を求めて「鐘溪窯」と命名し、以来、河井は同地を拠点に活躍した。中国や朝鮮の古作にならった精妙な作品を発表した初期を経て、柳宗悦(1889ー1961)らと民藝運動を創始し、生活に根ざしたうつわを追求するようになり、戦後は、既存の概念にとらわれない自由な作風に転じていった。没後半世紀以上が経過する現在もなお河井の手がけた多彩な作品は私たちを魅了しつづけている。
民藝運動の支援者であったアサヒビール初代社長山本爲三郎(1893ー1966)は、河井と生涯にわたり親交をもち続けた。本展では、山本家から当館に寄贈され、開館以来当館所蔵品の軸である山本爲三郎コレクションを中心に、初期から晩年まで、河井寬次郎の貴重な作品約110点を一挙に公開する。
関連イベントとして、鷺珠江氏(河井寬次郎記念館学芸員)による講演会「祖父・河井寬次郎のこと」を開催する。また、会期中限定で、色彩豊かな河井の作品をイメージした、本展特製オリジナルスイーツ(協力:リーガロイヤルホテル京都)を提供する。

※新型コロナウイルスの影響により6/18まで休館
※会期を6/14から2021年3/7まで延長

基本情報

開催日程 2020年03月20日(金・祝)~2021年03月07日(日)
時間 10:00~17:00(最終入館 16:30)
場所 アサヒビール大山崎山荘美術館
アクセス JR京都線「山崎」、阪急「大山崎」
ホームページ https://www.asahibeer-oyamazaki.com
チラシ -

休業日:月曜日(ただし5月4日は開館)

料金

一般900円、高大生500円、中学生以下無料、障害者手帳お持ちの方300円 

お問い合わせ

アサヒビール大山崎山荘美術館

TEL 075-957-3123(総合案内)

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る