イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト

2020年09月19日(土)~2021年01月03日(日)

N.Y.ポップアートの旗手 ”アンディ・ウォ-ホル” 大回顧展、2020年、京都初にして単独開催が遂に決定

1960年代のニューヨークで、大衆文化・消費社会のイメージを主題や素材とする「ポップ・アート」の旗手として活躍した唯一無二のアーティスト、アンディ・ウォーホル。本展は、日本で約6年ぶりの開催となる大規模な個展であり、京都における初の本格的なウォーホル展となる。米国ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の所蔵品から、イラストレーターとして活躍していた1950年代の初期作品をはじめ、1960年代に制作された「死と惨事」シリーズに代表される象徴的なキャンバス作品、映画やテレビ番組などの映像、注文絵画としてのセレブリティのポートレート、そして、宗教画を参照した晩年の作品などを展示する。大衆消費社会のいわば光と影の両面を映し出す作品約200点を通して、複雑なウォーホル像に迫る

基本情報

開催日程 2020年09月19日(土)~2021年01月03日(日)
時間 10:00~18:00(最終入館は閉館の30分前まで)
場所 京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
アクセス 市バス5・100・110「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
ホームページ https://kyotocity-kyocera.museum
チラシ -

お問い合わせ

京都市京セラ美術館

TEL 075-771-4107

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る