イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

清宮質文展-限りなく深い澄んだ空気

2019年12月14日(土)~2020年02月21日(金)

① 清宮質文 《蝶》 1963年 木版画 茨城県近代美術館 照沼コレクション 【後期展示】

① 清宮質文 《蝶》 1963年 木版画 茨城県近代美術館 照沼コレクション 【後期展示】

② 清宮質文 《夕日と猫》 1979年 木版画 茨城県近代美術館 照沼コレクション 【後期展示】

② 清宮質文 《夕日と猫》 1979年 木版画 茨城県近代美術館 照沼コレクション 【後期展示】

③ 清宮質文 《雨の時間》 1973年 ガラス絵 個人蔵 【通期展示】

③ 清宮質文 《雨の時間》 1973年 ガラス絵 個人蔵 【通期展示】

④ 清宮質文 《夕日とコップと草の実》 制作年不詳 ガラス絵 個人蔵 【通期展示】

④ 清宮質文 《夕日とコップと草の実》 制作年不詳 ガラス絵 個人蔵 【通期展示】

① 清宮質文 《蝶》 1963年 木版画 茨城県近代美術館 照沼コレクション 【後期展示】
② 清宮質文 《夕日と猫》 1979年 木版画 茨城県近代美術館 照沼コレクション 【後期展示】
③ 清宮質文 《雨の時間》 1973年 ガラス絵 個人蔵 【通期展示】
④ 清宮質文 《夕日とコップと草の実》 制作年不詳 ガラス絵 個人蔵 【通期展示】

関西初の回顧展

清宮質文(せいみや なおぶみ 1917-1991)は、画家、版画家の清宮彬(ひとし)の長男として東京に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で油彩画を学んだ。1953年ころから画業に専念するようになり、以降、本格的に版画やガラス絵を制作した。その静謐で詩情に満ちた画風は高く評価され、今でも多くの人々を魅了してやまない。本展は、関西ではじめて、その画業の全貌を紹介する機会となる。版画家として広く知られる清宮だが、ガラス絵の作品にも焦点をあて、心の奥底へ深くしみ渡っていくような清宮質文の芸術の魅力を紹介する。

基本情報

開催日程 2019年12月14日(土)~2020年02月21日(金)
時間 10:00~17:00(受付終了16:30)
場所 アサヒビール大山崎山荘美術館
アクセス JR京都線「山崎」
ホームページ https://www.asahibeer-oyamazaki.com
チラシ -

料金

一般900円、高大500円、中学生以下無料

お問い合わせ

アサヒビール大山崎山荘美術館

TEL 075-957-3123(総合案内)

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る