イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

春季特別展「又玄斎一燈(ゆうげんさいいっとう)とその時代」展

2020年4月15日(水)~2020年6月21日(日)

裏千家八代家元又玄斎一燈(ゆうげんさい いっとう)の
250年忌を記念した展覧会

 令和二年は裏千家八代家元・又玄斎一燈(表千家六代家元・覚々斎の三男 1719~1771)の250年忌の年にあたる。茶道資料館では、これを記念して、現今の家元制度の礎が築かれた18世紀半ばに焦点を当て、兄如心斎と共に千家茶道を支えた一燈の功績や高弟達の活躍、如心斎を中心に制定された新たな茶法・七事式などを機軸に、関連する茶道具を紹介する。

基本情報

開催日程 2020年4月15日(水)~2020年6月21日(日)
時間 9:30〜16:30(入館は16:00まで)
場所 茶道資料館
アクセス 市バス9「堀川寺ノ内」
ホームページ http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/index.html
チラシ -

料金

一般1,000円、大学生600円、中高生350円

お問い合わせ

茶道資料館

TEL 075-431-6474

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #朝観光  #美術館・博物館  #【朝】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。

その他のよくある質問を見る