イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

いちからわかる 円山応挙と長沢芦雪

2020年05月23日(土)~2020年07月13日(月)
※新型コロナウイルスの影響により、4/25~6/21⇒5/23~7/13に延期

円山応挙「仔犬図」(1787),長沢芦雪「猫と仔犬」(18世紀)

円山応挙「仔犬図」(1787),長沢芦雪「猫と仔犬」(18世紀)

円山応挙「仔犬図」(1787),長沢芦雪「猫と仔犬」(18世紀)

18世紀京都を中心に活躍した絵師、円山応挙とその弟子、長沢芦雪の作品を中心に展示

 18世紀の京都には近年特に人気が高まっている伊藤若冲(1716~1800)をはじめ多くの画家が活躍した。
そのなかでも、円山応挙(1733~1795)は、現在の京都府亀岡市で生まれ、狩野派の流れをくむ鶴澤派の画家・石田幽汀(1721~86)に入門し、狩野派の基礎を学ぶ。その後、滋賀県大津市にある円満院門跡の祐常門主の支援を得て、「写生」を重視した絵画に取り組み人気を得、さらに、「写生」を基本としながらも、現実には存在しない龍や見たこともない中国の風景や人物などを描くことに挑戦していく。
 応挙の弟子である長沢芦雪(1754~99)は、応挙とは違う独自の作風を追求し、本物よりも大きなサイズで虎を描いた「虎図襖」(和歌山・無量寺)や3㎝四方の極小サイズの紙にたくさんの羅漢を描いた「五百羅漢図」などユニークな作品を数多く残していく。
本展覧会では、円山応挙と長沢芦雪の作品を展示し、ふたりの画風の変化や、同じ題材を描いた作品なども比較し、ふたりの画家の魅力に迫る。

基本情報

開催日程 2020年05月23日(土)~2020年07月13日(月)
※新型コロナウイルスの影響により、4/25~6/21⇒5/23~7/13に延期
時間 10:00~17:00
場所 嵯峨嵐山文華館 1階・2階展示室
アクセス JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」
ホームページ http://www.samac.jp
チラシ -

お問い合わせ

嵯峨嵐山文華館

TEL 075-882-1111

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る