イベント情報

アート・音楽・シアター

西国三十三所 草創1300年記念 特別展聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─

2020年04月11日(土)~2020年05月31日(日)

観音信仰と巡礼の文化を数々の至宝を通じて紹介

西国三十三所は、養老2年(718)、大和国長谷寺の開基・徳道上人が、 閻魔大王から「生前の悪行により地獄へ送られる者が多い。観音霊場へ参ることで功徳が得られるよう、人々に観音菩薩の慈悲の心を説くように」 とお告げを受け、起請文と33の宝印を授かったことにはじまるといわれる。徳道上人が極楽往生の通行証となる宝印を配った場所が、観音霊場 を巡る信仰となり、33の札所を巡る日本最古の巡礼路となった。
巡礼路の総距離は約1000キロメートルに及び、和歌山、大阪、兵庫、 京都、奈良、滋賀、岐阜と近畿圏を包括するように伸びている。長きに わたり、日本の首都であり、文化の中心地である京都に三分の一の霊場が集中していることから、観音信仰と巡礼の文化は全国に広がった。
西国三十三所草創から1300年。これを機としてゆかりの深い京都の地で、特別展が開催される。今もなお、老若男女、国籍を問わず、 人々をひきつける巡礼の魅力が、美しい観音菩薩の姿や各札所の寺宝を通じて紹介される。

基本情報

開催日程 2020年04月11日(土)~2020年05月31日(日)
時間 火~木・日曜日:9:30~18:00(入館は17:30まで)金・土曜日:9:30~20:00(入館は19:30まで)
場所 京都国立博物館
アクセス 市バス206・208「博物館・三十三間堂前」下車すぐ、京阪七条駅下車徒歩7分
ホームページ https://www.kyohaku.go.jp
チラシ -

ご予約・お問い合わせ

京都国立博物館

TEL 075-525-2473(テレホンサービス)

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #朝観光  #夜観光  #美術館・博物館  #【朝】見る・聞く  #【夜】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。

その他のよくある質問を見る