イベント情報

アート・音楽・シアター

「茶の湯-禅と数寄」Ⅱ期

2020年01月11日(土)~2020年03月29日(日)

写真提供:相国寺承天閣美術館

写真提供:相国寺承天閣美術館

写真提供:相国寺承天閣美術館

名品を一堂に取り揃えた展覧会で茶の湯の歴史に触れる

本展覧会では相国寺禅宗美術の名品を一堂に取り揃え、茶の湯の歴史に触れる。相国寺の茶の湯は時代とともに変化してきた。中世には室町将軍家の唐物賞翫の茶の湯がくりひろげられ、戦国の世に移ると織田信長が相国寺で茶会を催し、その場に千利休も参加するなど、現在の茶の湯が形成される黎明期に相国寺は大きな役割を果たした。そして江戸時代には後水尾院の文化圏で育まれた新たな茶の湯が相国寺やその山外塔頭である鹿苑寺で盛んになった。
名物とされた茶道具達も、さまざまな人物の手を経てここ相国寺に伝えられており、天目茶碗や高僧の墨蹟など、多くの禅宗美術が茶の湯の精神性とともにあることがわかる。

基本情報

開催日程 2020年01月11日(土)~2020年03月29日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 相国寺承天閣美術館
アクセス 地下鉄烏丸線「今出川」
ホームページ https://www.shokoku-ji.jp
チラシ PDFで確認する

料金

800円

ご予約・お問い合わせ

TEL 075-241-0423

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る