イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

新春展 ことのはの宴

2020年01月05日(日)~2020年03月08日(日)
※コロナウイルスの影響により、3/1で終了

長次郎 黒樂茶碗 銘萬代 個人蔵

長次郎 黒樂茶碗 銘萬代 個人蔵

長次郎 黒樂茶碗 銘萬代 個人蔵

『萬葉集』における和歌から影響されて付けられた銘に込められた人々の思いを観じる展覧会

日本の元号「令和」は、『萬葉集』第五巻「梅花の歌三十二首并せて序」で、新年に園梅を愛でながら宴会を催した一説を典拠としている。その『萬葉集』が成立した頃、日本は「言霊の幸はふ国(ことだまのさきわうくに)」といわれており、美しい和歌や言の葉には国を安泰にする力があるとされ、和歌が隆盛を極めた。
その内容は、人の一生に起こる出来事を、自然の美しさとともに豊かに表現することによって、自然の恵みに感謝し、生きることへの祈りや願いが込められている。
そもそも『萬葉集』という題名にも祈りが込められており、よろずの言の葉を集め、万代(よろずよ)まで伝わるようにと祝賀を込められている。そのため、今でも時代を超えて読み継がれながら後世のさまざまな作品に深く影響を与えている。
今回の展覧会では、『萬葉集』から影響された、銘が付けられた作品を中心に展示。土から捏ねられ、火によって誕生した茶碗が、言の葉を与えられることによって、観る者の感じ方を変える面白さと、言の葉に込められた人々の祈りや願いを感じ、新年を祝う酒宴の雰囲気も楽めるものとなっている。

基本情報

開催日程 2020年01月05日(日)~2020年03月08日(日)
※コロナウイルスの影響により、3/1で終了
時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
場所 樂美術館
アクセス 市バス9・50「堀川中立売」
ホームページ https://www.raku-yaki.or.jp
チラシ -

料金

一般900円、大学生700円、高校生400円、中学生以下無料

お問い合わせ

TEL 075-414-0304

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る