イベント情報

伝統行事・伝統芸能

平安神宮 観桜茶会

2020年04月01日(水)~2020年04月14日(火)

神苑のお茶席で桜の季節を優雅に楽しむ

神苑の紅枝垂れ桜は、谷崎潤一郎の小説『細雪』でも、洛中における最も見事な花として「紅の雲」とも形容される。その紅枝垂れ桜が見頃になる時期に合わせ、西神苑の茶室「澄神亭(ちょうしんてい)」にてお茶席が開催される。お茶を楽しみつつ、春の神苑の散策が楽しめる。神苑入苑料のほかにお茶券が必要で、お茶席は茶券がなくなり次第終了。

基本情報

開催日程 2020年04月01日(水)~2020年04月14日(火)
時間 茶席9:00~16:00、神苑8:30~17:30
場所 平安神宮
アクセス 市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
ホームページ http://www.heianjingu.or.jp
チラシ -

料金

神苑入苑料600円、お茶券800円

ご予約・お問い合わせ

平安神宮

TEL 075-761-0221

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#庭園・池  #午前10時前に営業  #朝観光  #茶会  について関連する
よくある質問はこちら

混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る