イベント情報

まち歩き・ツアー・体験

特別展「茶の湯への誘い」

2019年10月1日(火)~12月1日(日)

特別展「茶の湯への誘い」

特別展「茶の湯への誘い」

特別展「茶の湯への誘い」

茶の湯は千利休によって大成され、歴代家元によって受け継がれてきました。
本展では、利休によって新たなわび茶の道具が見いだされた背景と歴史を尋ねます。また茶の湯にどのような「こころ」が込められているのかを初心者にも分かりやすく解説します。

特別展「茶の湯への誘い」

会  期  10月1日(火)~12月1日(日)

休 館 日  10月7日(月)、10月15日(火)、10月21日(月)、11月5日(火)、11月11日(月)、11月18日(月)

開館時間  午前9時30分~午後4時30分(入館は4時まで)
      但し毎週金曜日および市民講座開催(10/6、10/12、11/17)の日は午後6時まで開館

入 館 料
一般1,000円(800円)
大学生・高校生 800円(600円)
中学生以下無料
      20名以上の団体は( )内の割引料金

------------------------------------------------------------------------------------------------
家元内弟子との茶席体験

日  時  10月19日(土)、10月26日(土)、11月3日(日・祝)、11月17日(日)
      時間はお問い合わせください

募集人数  各回 20名
      ※要、事前申し込み

内  容  お茶の点前と解説

参 加 費   無料(別途入館料は必要となります)

------------------------------------------------------------------------------------------------
お茶を点てる体験

日  時  10月5日(土)、10月13日(日)、10月20日(日)、10月27日(日)、11月4日(月休)、11月16日(土)
      各日とも、 11時~11時40分
            13時~13時40分
            14時~14時40分

募集人数  各回 20名
      ※要、事前申し込み

内  容  お茶を点てる体験

参 加 費  無料(別途入館料は必要となります)

------------------------------------------------------------------------------------------------
映画「日日是好日」の鑑賞会

日  時  10月5日(土)、10月13日(日)、10月20日(日)、10月26日(土)、11月3日(日祝)、11月16日(土)
      各日とも、 14時~15時40分

募集人数  各回 178名
      ※要、事前申し込み

映画内容  原作は人気エッセイスト、森下典子が茶道教室に通う20年の日々を綴ったロングセラー。瑞々しく描かれる心象風景や青春像、そして「お茶」がもたらす人生訓的な〝気づき″の数々は、茶道経験者の枠を超え、様々な岐路に立つ読者にとって心の拠り所となっています。
キャスト  黒木華、樹木希林、多部未華子、他

参 加 費  無料(別途入館料は必要となります)

------------------------------------------------------------------------------------------------
茶の湯文化にふれる市民講座茶の湯文化にふれる市民講座「はじめての茶の湯」家元教授

日  時  10月6日(日)14時~15時30分

募集人数  178名
      ※要、事前申し込み

内  容  家元で茶の湯の修業をしている内弟子の先生方が講師をつとめます。はじめに、今回の展示道具のあらまし、茶事こめられた心、不審菴の茶室の解説、家元で修業をする内弟子の心構えなどについてお話をいただきます。続いて、舞台に設えた茶席で点前をし、亭主と客の所作にこめられている心をわかりやすくお話いただきます。

参 加 費 2,000円(特別展の入館料ならびに呈茶を含みます)

------------------------------------------------------------------------------------------------
茶の湯文化にふれる市民講座「お家元と職家」永樂善五郎氏(千家十職 土風炉・焼物師)

日  時  10月12日(土)14時~15時30分

募集人数  178名
      ※要、事前申し込み

内  容  わが家は土風炉師として、古くから千家のお家元と深いかかわりをもってきました。江戸時代の後期に至って茶陶にも手を染めるようになり、金襴手、染付、交趾などの焼き物を製作する家として、こんにちに至っています。作品にまつわる思い出やエピソードなども含めて、いろいろなお話をしてみたいと思います。

参 加 費  2,000円(特別展の入館料ならびに呈茶を含みます)

基本情報

開催日程 2019年10月1日(火)~12月1日(日)
時間 09:30~16:30
場所 表千家北山会館
〒603-8054 京都市北区上賀茂桜井町61
アクセス JR京都駅より
地下鉄烏丸線国際会館行「北山駅」下車、4番出口を西へ徒歩約5分

阪急電車四条烏丸駅より
地下鉄烏丸線乗り換え「北山駅」下車

京阪電車三条駅より
地下鉄東西線乗り換え「烏丸御池駅」乗り継ぎ「北山駅」下車
ホームページ http://www.kitayamakaikan.jp
チラシ -

料金

入 館 料

一般 1,000円(800円)
大学生・高校生 800円(600円)
中学生以下 無料

20名以上の団体は( )内の割引料金

ご予約・お問い合わせ

表千家北山会館
〒603-8054 京都市北区上賀茂桜井町61

TEL 075-724-8000 (9時~17時 日・祝除く)

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#資料館  #雨の日も楽しめる  #要予約  #京都らしい体験  #茶会  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都迎賓館は予約なしで参観できますか?
自由参観方式のため予約なしで参観できます。ただし、事前申込みをした人から優先して入場となりますので、事前の予約がおすすめです。参観料は1000円です。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。

お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る