イベント情報

アート・音楽・シアター

企画展「夢二のてしごと」

2019年10月26日(土)~2020年1月13日(月・祝)

竹下夢二「被布の女」

竹下夢二「被布の女」

竹下夢二「長崎十二景・眼鏡橋」

竹下夢二「長崎十二景・眼鏡橋」

竹久夢二「糸まき」(紙本水彩・額装)

竹久夢二「糸まき」(紙本水彩・額装)

竹下夢二「被布の女」
竹下夢二「長崎十二景・眼鏡橋」
竹久夢二「糸まき」(紙本水彩・額装)

初期から晩年までの夢二の幅広い「てしごと」たち

洋装姿のハイカラな女性や着物姿の物憂げな美人画のイメージが強い、竹久夢二(1884-1934)。しかし、夢二の画業はそれだけにとどまらない。本の装丁、楽譜や雑誌の表紙・挿絵、さらには作詞も手掛けるマルチな才能の持ち主で、使用した画材も、油彩、水彩、パステル、ペンなど多岐にわたる。本展覧会では「セノオ楽譜」の貴重な原画をはじめ、夢二の多才ぶりを感じる作品を多数展示する。

基本情報

開催日程 2019年10月26日(土)~2020年1月13日(月・祝)
時間 10:00 〜17:00(入館は16:30まで)
場所 嵯峨嵐山文華館
アクセス 京福電鉄嵐山本線「嵐山駅」下車、徒歩5分
ホームページ https://www.samac.jp
チラシ -

休館日:火曜、12/30~1/1

料金

一般・大900円、高500円、小中300円

ご予約・お問い合わせ

TEL 075-882-1111
e-mail support@samac.jp

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る