イベント情報

アート・音楽・シアター

新春特集展示 子づくし ー干支を愛でるー

2020年01月02日(木)~2020年02月02日(日)

根付 蝋燭と鼠 京都国立博物館蔵

根付 蝋燭と鼠 京都国立博物館蔵

根付 蝋燭と鼠 京都国立博物館蔵

十二支のトップバッターの登場

干支にちなむ特集展示の第5弾。
鼠はともすると穀物の蔵を荒し、強力な歯で衣類や調度も汚す嫌われ者。なぜ多くの美術品に愛らしく描かれるのだろうか。
ひとつには大黒さんの使いとして好印象を得たから。はじめは鼠が助けたことのある日本の神様、大国主神(おおくにぬしのかみ)とコンビであったが、インド出身の台所の神様、大黒天が、漢字の読み音が通じるために大国主と一体化し、その富と豊穣の神様の使いの座を鼠がせしめたようだ。また、鼠は多産なため、子孫繁栄の願いも託された。さらには、江戸時代の日本で人気のペットとなり、飼育法や珍種を得るための交配の手引き書などが刊行され、人に懐く、性質の優しい鼠がつくり出されて愛玩されたという歴史もある。
身近な小動物であり、神様の使いで子宝の象徴でもある鼠たち。子年子月子日の行事をあつかう『源氏物語』の「初音(はつね)」を含め、おめでたい子年の美術を楽しむことができる。

基本情報

開催日程 2020年01月02日(木)~2020年02月02日(日)
時間 9:30~17:00 ※金・土は~20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
場所 京都国立博物館
アクセス 市バス「博物館・三十三間堂前」下車すぐ 京阪七条駅下車徒歩7分
ホームページ https://www.kyohaku.go.jp
チラシ -

休館日:月(祝日開館、翌平日休館)

料金

一般 520円

ご予約・お問い合わせ

京都国立博物館

TEL 075-525-2473(テレホンサービス)

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #朝観光  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。

その他のよくある質問を見る