イベント情報

アート・音楽・シアター

円山応挙から近代京都画壇へ

2019年11月02日(土)~2019年12月15日(日)

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙、寛政7年(1795)、兵庫・大乗寺蔵、京都展のみ・通期展示

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙、寛政7年(1795)、兵庫・大乗寺蔵、京都展のみ・通期展示

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙、寛政7年(1795)、兵庫・大乗寺蔵、京都展のみ・通期展示

江戸から昭和初期まで、円山・四条派が勢揃い!

明治維新以降、京都画壇の主流派となったのは円山・四条派。円山派の祖である円山応挙が現れたことで京都画壇の様相は一変した。応挙が得意とした写生画は、見るだけで楽しめる精密な筆致が多くの人に受け入れられ、円山派という一流派を形成した。四条派の祖である呉春は、初め与謝蕪村に学び、蕪村没後は応挙の画風を学んだことで、応挙の写生画に蕪村の瀟洒な情趣を加味した画風を確立する。本展では、応挙、呉春から昭和初期までの系譜を丁寧に追うことで、円山・四条派の全貌に迫るとともに、日本美術史のなかで重要な位置を占める京都画壇の様相の一端を明らかにする。前期後期で大展示替え。

基本情報

開催日程 2019年11月02日(土)~2019年12月15日(日)
時間 9:30~17:00(金土は~20:00まで)入館は閉館の30分前まで
場所 京都国立近代美術館
アクセス 市バス5・46・100「岡崎公園美術館・平安神宮前」
ホームページ http://www.momak.go.jp/
チラシ -

料金

当日一般1,500円、大1,100円、高600円

ご予約・お問い合わせ

京都国立近代美術館

TEL 075- 761-4111

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #朝観光  #美術館・博物館  #【朝】見る・聞く  #【夜】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。

その他のよくある質問を見る