イベント情報

アート・音楽・シアター

令和元年年度 京都橘大学学部歴史遺産学科考古学コース・京都市考古資料館合同 企画展『焼き物からよむ平安時代―発掘でみえてきた食器・酒造り・饗宴―』

2019年12月10日(火)~2020年01月19日(日)

出土土器にみる平安時代前期の焼き物作りと貴族たちの饗宴の器をわかりやすく紹介

平成23年度より京都市考古資料館では合同企画展を行ってきている。今年度は京都橘大学文学部歴史遺産学科考古学コースとの協働で実施する。
京都や京文化を知るうえで、平安時代はその出発点というべき特別な時代。平安時代の面影は京都にのこされており、地中に埋まっている焼き物のカケラは、平安時代の歴史や文化を理解するうえで、多くのことを教えてくれる。発掘調査で必ずといってよいほど出土する土器片は、考古学の研究をするうえで欠かすことのできない資料である。近年、土器や陶器の研究が大きく進み、平安時代の日常生活や文化について新しいことがわかりつつある。この展示では、まず平安時代の陶芸、窯業技術や焼き物の特徴について紹介し、平安京を中心とした当時の人々の食卓風景を復元する。平安時代の日常生活や貴族たちが興じた饗宴、それらを包み込む時代の特徴を見ることができる。

基本情報

開催日程 2019年12月10日(火)~2020年01月19日(日)
時間 9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
場所 京都市考古資料館
アクセス 市バス9・12・67・111「堀川今出川」徒歩3分、市バス51・59・101・201・203「今出川大宮」すぐ
ホームページ https://www.kyoto-arc.or.jp/museum/
チラシ -

休館日:月曜日(祝日開館、翌平日休館)、年末年始(12/28~1/3)

料金

無料

ご予約・お問い合わせ

京都市考古資料館

TEL 075-432-3245(代)

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#資料館  #雨の日も楽しめる  #無料  #【朝】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。

その他のよくある質問を見る